• ホーム
  • 芸能
  • 深田恭子、恋愛より仕事モード「まずは舞台」

深田恭子、恋愛より仕事モード「まずは舞台」

 女優の深田恭子(32)が29日、都内でミュージカル『100万回生きたねこ』製作発表会見に出席。同作の内容にちなんで恋愛について聞かれるも「自分のことで精一杯です。まずは舞台をきちんと頑張らないと」と仕事モードを見せた。

【写真】その他の写真を見る


 今作で初舞台・初主演を務める深田は「独特な世界観に一瞬で魅了されました。この役で初舞台を踏めて幸せ」と感慨深げな様子。「私は映像の人間だったので、まさか自分が舞台に立つなんて想像できませんでしたし、なかなか踏み込めない世界でした。一から学び直して挑みたい」と覚悟を語った。

 会見では、100万回生きたねこを演じる成河(ソンハ)とともに、劇中の楽曲「私のねこ」を披露した。同作は、1977年に出版され、累計207万部に達する佐野洋子氏の絵本が原作で、100万回死んで、100万回生きたねこが、白いねこと出会ったことで愛を知る物語。深田は、成河演じるねこが恋をする白いねこ、小さい女の子の二役を演じる。8月15日より東京芸術劇場 プレイハウスにて上演。



関連写真

  • 「まずは舞台をきちんと頑張る」と仕事モードを見せた深田恭子 (C)ORICON NewS inc.
  • 「私のねこ」を披露した(左から)成河、深田恭子 (C)ORICON NewS inc.
  • ミュージカル『100万回生きたねこ』製作発表会見に出席した成河 (C)ORICON NewS inc.
  • ミュージカル『100万回生きたねこ』製作発表会見に出席した(左から)成河、深田恭子 (C)ORICON NewS inc.
  • ミュージカル『100万回生きたねこ』製作発表会見に出席した成河 (C)ORICON NewS inc.
  • ミュージカル『100万回生きたねこ』製作発表会見に出席した深田恭子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス