• ホーム
  • 芸能
  • 武井咲、いじめに負けない秘けつ「一人で生きていく覚悟で」

武井咲、いじめに負けない秘けつ「一人で生きていく覚悟で」

 女優の武井咲が29日、東京・六本木のテレビ朝日で7月9日スタートのドラマ『エイジハラスメント』(毎週木曜 後9:00)の制作発表会見に出席した。脚本家・内館牧子氏の原作・脚本に、日本の企業にはびこる嫉妬と焦りにまみれた年齢差別の現状と、旧態依然とした会社と闘うヒロイン・吉井英美里(武井)の活躍を痛快に描く同ドラマ。武井は内館氏の「痛烈なせりふと闘います」と意気込みを語った。

【写真】その他の写真を見る


 人間の愚かしい本音を、手加減なくあぶり出す内館氏のシナリオさばき、そして声に出すのもはばかれるようなせりふの数々に「心が痛む」と武井。ヒロインのように、もし、周囲からいじめを受けたら、「五寸釘ぶちこむぞ」と毒づいて立ち向かうか、泣き寝入りするかという質問には、「どちらもしないかな。一人で生きていく覚悟で。自分らしく」と答え、芯の強さをのぞかせた。

 今作で、一流商社に就職し、総務部に配属されたOLを演じるにあたり、同局の総務部の仕事を一日体験したという武井は「会社が成り立っているのは総務部のおかげ。縁の下の力持ち、素敵な仕事だと思いました。いい経験ができました」と感謝していた。

 会見にはほかに、稲森いずみ瀬戸康史要潤内藤理沙原幹恵吹越満麻生祐未杉本哲太小泉孝太郎が出席。

 小泉も「女は若さ。ブスでも若さ」「女の価値は年々失せる」といったせりふに「ひるみました」と苦笑い。「3ヶ月後、多くの女性を敵に回しているんだろうな。世の中の男性の本音担当ということで、内館さんが書いてくれたせりふ思い切って発したいと思います」と話していた。



関連写真

  • 「痛烈なせりふと闘います」と意気込みを語った武井咲 (C)ORICON NewS inc.
  • (前列左から)瀬戸康史、小泉孝太郎、武井咲、稲森いずみ、杉本哲太、(後列左から)原幹恵、要潤、麻生祐未、吹越満、内藤理沙 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『エイジハラスメント』の制作発表会見に出席した小泉孝太郎 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『エイジハラスメント』の制作発表会見に出席した武井咲 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『エイジハラスメント』の制作発表会に出席した (前列左から)瀬戸康史、小泉孝太郎、武井咲、稲森いずみ、杉本哲太、(後列左から)原幹恵、要潤、麻生祐未、吹越満、内藤理沙 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『エイジハラスメント』の制作発表会見に出席した武井咲 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス