• ホーム
  • 映画
  • 佐藤二朗、ディズニー/ピクサー映画で声優初挑戦 劇中歌も披露

佐藤二朗、ディズニー/ピクサー映画で声優初挑戦 劇中歌も披露

 俳優の佐藤二朗が、ディズニー/ピクサーの最新長編アニメーション『インサイド・ヘッド』(7月18日公開)の日本語吹替版で、物語の重要なカギを握るキャラクター「ビンボン」の声を務めていることが明らかになった。ドラマや映画、舞台などに引っ張りだこの佐藤だが、意外にも声優は初挑戦。「童心のような澄んだ心を思い出せるような演技をしたかった」と新境地(?)に挑み、劇中では歌も披露している。

 佐藤は「100回くらい歌えば1回くらい合うだろうという気持ちで挑みました(笑)。何度もやり直したので、いっそディズニーさんの方でなんとかしてくれって思ったくらいですよ」と初めての経験に苦労した様子だ。

 同映画は、11歳の少女ライリーの中にある5つの感情たち――楽しい気分にする“ヨロコビ”、悲しい気分の時に現れる“カナシミ”、怒りを爆発させる“イカリ”、嫌いなものから守る“ムカムカ”、危険から身を守る“ビビリ”――を主人公に、誰も見たことがない無限に広がる“頭の中”で繰り広げられる冒険ファンタジー。住み慣れた土地を離れ、慣れない新生活を始めたライリーが、心の中の不安や不満を乗り越え、成長する過程を、独創性な世界観と絵作り、色使いで描く。

 佐藤が演じるビンボンは、幼い頃のライリーが空想で創り上げた“空想上のともだち”。3歳のころ、動物にはまっていたライリーが大好きな動物を掛け合わせて創り出した。見た目はネコやゾウで、鳴き声はイルカ、綿あめのような肌触りで、涙はキャラメル味のキャンディーでできている。

 ディズニーの担当者は起用理由について「佐藤さんの演技がビンボンの無垢で子どものように純粋な声を表現されていたこと、また、大きく包み込むような優しさが決め手となり、たくさんの候補の中からビンボン役に決定しました」と語っている。

 佐藤は「普段はふくみのある役や、ひねくれ役、または思慮深い役が多いので、ビンボンのように童心で素直な役は今までやったことがない。まったく初めての挑戦でした」とアフレコを振り返り、「とにかく童心にかえることを心がけました。なるべく感情のふり幅を大きく持つようにしました。大人になった自分とは比べて100倍200倍のふり幅でやってみた」と話していた。

 同映画は、ピクサー長編アニメーション20周年記念作品として今月19日に全米3946館で公開され、3日間で9044万271ドルという興行収入を記録(BOXOFFICEMOJO調べ、6月22日現在)。原作ものやシリーズものがひしめく中、“完全オリジナル作品”のオープニング成績としては、ジェームズ・キャメロン監督の『アバター』(7700万ドル)の記録を塗り替え、歴代1位になったことでも話題になっている。



オリコントピックス