• ホーム
  • 芸能
  • 美空ひばりの歌碑めぐり 秘められたドラマを紹介〜BSジャパン

美空ひばりの歌碑めぐり 秘められたドラマを紹介〜BSジャパン

 1989(平成元)年6月24日にこの世を去った、昭和を代表する歌手・美空ひばりさん(享年52)。四半世紀を過ぎたいまも人々の心の支えとなり、歌い継がれている彼女の歌を讃え、日本全国に点在する歌碑を演歌歌手の坂本冬美小林幸子長山洋子がめぐり、秘められたドラマを紹介する特番『日本全国! 美空ひばりの歌碑巡りの旅』がBSジャパンで7月11日(後9:00〜10:55)に放送される。案内役は俳優の松方弘樹が務める。

【写真】その他の写真を見る


 坂本が訪ねるのは、沖縄・那覇市の市街地を見渡す「がじゃんびら公園」にある「花風の港」の歌碑。ひばりさんは1956年に那覇でコンサートを開催、5万人を動員する盛り上がりを見せ、沖縄の人々に勇気を与えたことが、歌碑建立のきっかけとなった。この曲は73年発売のアルバムにしか収録されていない“知る人ぞ知る”名曲で、数あるひばりの曲の中で、唯一沖縄を舞台にしている曲として選ばれた。沖縄公演のバンドメンバー、歌碑建立の呼びかけ人、戦後の沖縄を撮り続けてきたカメラマン、全国からひばりファンが集うスナックのママら、ひばりさんにゆかりある人々も紹介する。

 小林は、新潟市内、99年に廃線となった「新潟交通」の駅跡に建つ「越後獅子の唄」の歌碑を訪ねる。かつて「月潟村」だったここは、合併で新潟市となり、村の名前を残そうと、村人たちの寄付で歌碑が建立された。この曲は、ひばりさんが14歳の時に出演した映画『とんぼ返り道中』の挿入歌。「越後獅子」とは江戸時代から伝わる獅子舞の大道芸で、村の飢餓を救うためにお金を稼ごうと、子供たちが修行を積んで日本全国を回った。その芸は今も月潟の子供たちに継承されている。小林はその稽古場を訪ねるとともに、月潟の各地に置かれている越後獅子のモニュメントを作る92歳の元美術教師を訪ねる。

 長山は、福島・いわき市の塩屋崎に建つ「みだれ髪」の歌碑を紹介する。全国に8ヶ所ある歌碑の中で、最初につくられた。この曲の舞台となったのが塩屋崎で、2010年に亡くなった作詞家・星野哲郎さんはイメージ作りのためにここを何度も訪れたというエピソードや、東日本大震災の際、この地で何が起きたのか、そして、人々の生活は今どうなっているのか、話を聞く。また、毎年ひばりの命日が近づくとここ塩屋崎で行われ、全国からひばりファンが集うという祭りの様子も紹介する。



関連写真

  • 7月11日放送、BSジャパン『日本全国!美空ひばりの歌碑巡りの旅』坂本冬美は沖縄「花風の港」(C)BSジャパン
  • 小林幸子は新潟「越後獅子の唄」の歌碑を訪ねる(C)BSジャパン
  • 長山洋子は福島「みだれ髪」(C)BSジャパン
  • 美空ひばりさんの秘蔵映像も放送。7月11日放送、BSジャパン『日本全国!美空ひばりの歌碑巡りの旅』

オリコントピックス