• ホーム
  • 芸能
  • 玉山鉄二、『マッサン』でウイスキーに開眼「毎日飲みますね」

玉山鉄二、『マッサン』でウイスキーに開眼「毎日飲みますね」

 俳優の玉山鉄二が25日、東京・六本木ヒルズで行われた期間限定バー「NIKKA WHISKY STORY BAR TOKYO」プレスプレビューに出席。NHK連続テレビ小説『マッサン』への出演がきっかけとなり、ウイスキーのとりこになったことを明かした。

【写真】その他の写真を見る


 『マッサン』では、国産初のウイスキーづくりの夢を抱く主人公・亀山政春を演じた玉山だが、以前は「ウイスキーをあまり飲むことがなかった」と告白。しかし、役作りの参考としてニッカウヰスキー創業者の竹鶴正孝氏を調べる過程で「竹鶴さんの情熱・魂や、エンジニアの方々がウイスキーを作るまでのプロセスを感じていく中で、飲むようになった。(今では)毎日飲みますね」とウイスキーに開眼したと語った。

 玉山はウイスキーの魅力を伝える“ニッカウヰスキーアンバサダー”に任命され「アンバサダーとして、ジャパニーズウイスキーの素晴らしさを伝えていきたい。僕もウイスキーのように熟成して“カッコいい大人”になりたいと思います」と“マッサン”さながらの熱い意欲を口にしていた。

 同店は26日から7月12日まで同所でオープン。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • ウイスキーの魅力を語った玉山鉄二 (C)ORICON NewS inc.
  • 真剣な表情でウイスキーのテイスティングに挑んだ玉山鉄二(C)ORICON NewS inc.
  • 期間限定バー「NIKKA WHISKY STORY BAR TOKYO」プレスプレビューに出席した玉山鉄二(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス