• ホーム
  • 芸能
  • テレ東、廃墟訪れる新番組 異色ジャンルに「新鮮な体験を約束」

テレ東、廃墟訪れる新番組 異色ジャンルに「新鮮な体験を約束」

 壮大で美しい廃墟を舞台に、俳優とそのクリエイター仲間が旅する様子を紹介する番組『廃墟の休日』が、テレビ東京系で7月10日よりスタートする(毎週金曜 深0:52)。俳優らの素顔が見られる“ドキュメンタリー”と、彼らが道中や廃墟で繰り広げる“エチュード(即興芝居)”の要素からなるロードムービー的ドキュメンタリー×ドラマという意欲作。プロデューサーの井上雅晴氏は「誰にも振り返られることなく、ただただ朽ち果てていく廃墟。その存在が『なぜ美しさを放つのか?』。『廃墟=お化け屋敷』のイメージが吹き飛ぶ、新鮮な体験を約束します!」と自信をにじませている。

【写真】その他の写真を見る


 ある日、SNSで知り合った廃墟に詳しいジョン・Tに誘われた俳優が、クリエイターの友人と共に兵庫と長崎の廃墟を訪れる。指定された廃墟へと向かうが、待ち合わせ場所にジョンは現れず、彼からのメールだけが届く。そのメールの指示や、彼が差し向けた人々の導きで、俳優らはなんとか目的地に到着。

 初めて訪れるその廃墟で、彼らはその場所の過去の写真と見比べたり、思い思いに感想を語り合う。そして、儚くも美しい廃墟を後世に伝えるべく、撮影を開始。果たしてどんな映像が撮れるのか…。

 話題のドローンも活用し、4Kカメラで臨場感溢れる映像を撮影。第1〜3話には俳優の安田顕、映画監督の野口照夫氏が出演し、第1話は『摩耶観光ホテル』(兵庫県)、第2話は『軍艦島』(端島/長崎県)、第3話は『中ノ島』(長崎県)を放送。第4話以降はアメリカ合衆国ほかで撮影を予定している。

 安田は「美しさを感じることができたり、そこの迫力に圧倒される廃墟もあり、その時々でさまざまな顔を見せてくれました」と廃墟に魅了された様子。

 プロデューサーの清水啓太郎氏は、「大人たちが休日にカメラを持って旅に出る。名所にもグルメなところにも行かないけれど、わくわくする旅。いや、これは冒険かもしれない。昔そこにいた人たちの笑い声や話し声。そんな見えないものをお土産にしつつ、この旅を皆さんと一緒に廻りたいと思います」とコメントを寄せている。



関連写真

  • テレビ東京系新番組 『廃墟の休日』(深夜0:52)が7月10日よりスタート。第1〜3話には(左から)安田顕、野口照夫が出演する (C)「廃墟の休日」
  • 第2話の舞台となる軍艦島(端島/長崎県) (C)「廃墟の休日」
  • 第1話の舞台となる摩耶観光ホテル(兵庫県) (C)「廃墟の休日」
タグ

オリコントピックス