• ホーム
  • 芸能
  • 吉高由里子の“後輩”、デビュー半年で朝ドラレギュラーに抜てき

吉高由里子の“後輩”、デビュー半年で朝ドラレギュラーに抜てき

 昨年10月に行われた大手芸能事務所の『アミューズオーディションフェス2014』で3万2214人の中から満場一致でグランプリを獲得した新人・清原果耶(13)が、次期NHK連続テレビ小説『あさが来た』(9月28日スタート、月〜土 前8:00 総合ほか)に出演することがわかった。同事務所に所属後、わずか半年で朝ドラのレギュラー出演者に抜てきされ、女優デビューする。

 清原は2002年1月30日、大阪府生まれ。連続テレビ小説『花子とアン』でヒロインを務め、事務所の先輩である「吉高由里子のような女優さんになりたい」という夢を抱き、芸能界に飛び込んだ。グランプリを獲得後、異例のスピードで三井不動産グループ「三井のリフォーム」、アステラス製薬「臓器移植したきみ」の2社とCM契約。新垣結衣、能年玲奈、川口春奈らを輩出した若手人気女優の登竜門、人気ティーン誌『ニコラ』(新潮社)の専属モデルにも起用された。さらに、6月5日公開のアニメ映画『台風のノルダ』ではノルダ役で声優デビューを果たした。

 「憧れの朝ドラで女優デビュー」が決まり、「偉大な先輩たちに囲まれてお芝居をさせていただけることを光栄に思います。おじいちゃんとおばあちゃんが喜んでくれたこともうれしかったです。日本中の皆さんに観ていただけると思うと緊張する反面、今からとってもワクワクしています。一生懸命頑張りますので応援よろしくお願いします!」とコメントしている。

 実は、同作の別の役のオーディションを受けていたが、落選。「落ちた時は悲しくて、悔しくて泣いてしまいました」という清原に、思いがけない知らせが舞い込む。このオーディションで清原を見た番組スタッフから「演技経験がほとんどないにも関わらず、こちらの指示に対して敏感に反応してくれました。自分なりにきちんと役をつかんでいる様子を見ると、女優になるべくしてなる方だと思いました。清々しさと、まっすぐな雰囲気を持った彼女に、ぜひ、ふゆ役をお願いしたい」と、レギュラーメンバーでの出演をオファーされたのだ。

 清原が演じるふゆは、京都随一の豪商・今井家の奉公人で、ヒロイン姉妹を支える役どころ。純真な人柄で、今井家の人々に可愛がられ、大阪有数の名門両替商・山王寺屋に、今井家の長女・はつ(宮崎あおい)が嫁ぐ際に付き人に選ばれ、山王寺屋で働くことになる。しかし、幕末の激動の中、名門山王寺屋の経営は急激に傾くと、ふゆははつを守るために必死に行動することになる。また、自身も初めての恋を経験する。劇中では15歳〜20代後半までの幅広い年齢のふゆを演じることになる。

 「私は13歳ですが、きちんと大人の女性を演じられるよう、普段から周りにいる大人の女性を研究して、撮影に臨みたい」と清原。現在、中学2年生で、平日は地元大阪の中学校に通い、部活動(茶道部)にも励みながら、放課後を中心にドラマの撮影に参加。週末は東京でモデルの仕事をしたり、芝居や歌、ダンスのレッスンを受けたりと忙しい日々を送りながら、「(主演の)波瑠さんの背中を見ていると、私ももっと頑張らなきゃいけないと身が引き締まります。宮崎さんは本当にお芝居が上手でとっても勉強になります」と励んでいる。



関連写真

  • 次期NHK連続テレビ小説『あさが来た』で女優デビューする清原果耶。幕末の大阪の豪商で奉公人として働くふゆを演じる(左)(C)NHK
  • 現在13歳の清原が、15歳〜20代後半までの幅広い年齢のふゆを演じる(C)NHK
  • 波瑠と宮崎あおいが演じるヒロイン姉妹を支える役どころ(C)NHK
タグ

オリコントピックス