• ホーム
  • 芸能
  • 少年隊・植草克秀の長男・樋口裕太が仕事復帰 舞台降板を謝罪

少年隊・植草克秀の長男・樋口裕太が仕事復帰 舞台降板を謝罪

 体調不良により出演予定だった舞台『倫敦影奇譚シャーロックホームズ』を降板していた、少年隊植草克秀の長男で俳優の樋口裕太(20)が23日、自身のブログを更新。降板のお詫びするとともに「本日よりお仕事に復帰させていただきました」と報告した。

 「ご心配をおかけしてすみませんでした」のエントリーで樋口は「自分の体調管理のあまさで関係者の皆様、ファンの方々にご迷惑、ご心配をおかけして本当に申し訳ありませんでした」と謝罪。「昨日、改めて病院へ行き担当医師より了解を頂き、今後予定されている仕事には出演できる事になりました」とつづると「本日よりお仕事に復帰させていただきました」と報告した。

 また、降板した舞台関係者に向け「キャストの皆様、演出家の久保田さん。スタッフの皆様。そして、各キャストのファンの皆様。ご迷惑をおかけしてしまい本当に申し訳ありませんでした」とお詫びし、代役を務めた俳優・山崎大輝に「ありがとうね。感謝しかありません。本当にありがとう。大輝のファンの皆様にもご迷惑をおかけして本当にすみませんでした」と伝えた。

 そして、自身のファンに対しても「本当にご心配、ご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんでした。皆さんからのコメントなどに本当に元気付けられました」と感謝。「僕ができるファンの皆様への恩返しは、より一層仕事に励んで、また舞台の上で演じて、ファンの皆様に楽しんでもらって、笑顔、元気になってもらえる事だと思ってます」と決意をつづった。

 最後は「また元気な姿を見に来てください!」と呼びかけ「自分の体調管理をしっかりし以後このような事が絶対にないように気をつけていきます、またまだ未熟な僕ですが、これからも応援のほどよろしくお願いします」とブログを結んでいる。



オリコントピックス