• ホーム
  • 映画
  • 米倉涼子、米監督に2度目の出演直訴 指切りで「約束」

米倉涼子、米監督に2度目の出演直訴 指切りで「約束」

 女優の米倉涼子が23日、都内で行われた映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(7月4日公開)ジャパン・プレミアに登場。同作でメガホンをとったジョス・ウェドン監督に「前作のときにオファーして出演できなかったけれど、しつこくオファーします。日本のシーンがあれば少しでも出してほしい」と直訴。熱意が通じて「今度こそ約束するよ」と指切りをした。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、アイアンマンやキャプテン・アメリカ、ハルクなどマーベルコミックスのヒーローが一堂に会するアクション巨編の第2弾。新しくアベンジャーズに仲間入りする女性キャラクター、スカーレット・ウィッチ役を演じるエリザベス・オルセンが初来日を果たした。

 ニック・フューリーの声優を務める竹中直人は、でたらめな英語をしゃべるなど自由な振る舞いで会場を笑わせたが、横で聞いていたオルセンはわけがわからず苦笑。同席した宮迫博之から「横でオルセンさんが苦笑いしているからやめなさい。通訳さんもどう訳すか困っている」とツッコまれていた。



関連写真

  • ジョス・ウェドン監督(左)に出演オファーをした米倉涼子(右) (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)宮迫博之、ジョス・ウェドン監督、米倉涼子、エリザベス・オルセン、、竹中直人 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』ジャパン・プレミアに登場した(左から)アイアンマン、エリザベス・オルセン、キャプテン・アメリカ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス