• ホーム
  • 芸能
  • 藤原紀香“崖っぷち女”を熱演「この役に出会えてよかった」

藤原紀香“崖っぷち女”を熱演「この役に出会えてよかった」

 女優の藤原紀香が23日、東京・渋谷のNHKで7月5日スタートのプレミアムドラマ『ある日、アヒルバス』(毎週日曜 後10:00、全8話、BSプレミアム)の完成披露試写会に出席した。40歳にして失職し、恋人とも別れ、ショッピングローンの返済に追われる“崖っぷち女”を演じた藤原は「やりきりました。この役で出会えてよかった」と清々しい笑顔をみせた。

【写真】その他の写真を見る


「人との出会いによってつながっていくドラマ」と、内容に絡めて同作で共演した俳優たちとの出会いに感謝した藤原。バスの運転手・小田切役の袴田吉彦は「三枚目なのに色っぽい」と絶賛し、バス会社の社長役で出演する片岡愛之助については「仕事でご一緒にするのは初めてだったのですが、すごい役者さんだなと驚かされました。5歳から芸歴38年の大先輩なんだということも知ったりしてすごく勉強になりました」と話していた。

 演出は、映画監督の大谷健太郎氏がテレビの連続ドラマを初めて手がける。葉月を中心とした人々がそれぞれ人生に葛藤する群像劇でもあり「第1話に『あなたは、本当の東京を知らない』というせりふがあるとおり、東京の再発見が表のテーマ」と大谷監督。さらに「裏テーマは俳優の再発見」と、これまでとは違った一面を見せる俳優たちの芝居とその仕上がりに自信をのぞかせた。

 第1話では、藤原が中森明菜の大ヒット曲「DESIRE」を熱唱するシーンがあり、まさに“再発見”の好例。藤原は「私のカラオケのレパートリーの1曲。1番をフルコーラスで使っていてびっくりした」とうれしそうだった。

 また、芸能界デビュー以来、初めて髪を黒く染め、新人を厳しく指導する先輩バスガイドを演じるトリンドル玲奈は「ワンシーン、ワンシーンを大切にしながら撮影できた。葉月に強く当たるシーンもあったが、藤原さんがもっと強くやっていいよ、とおっしゃってくれたので、遠慮なくやらせてもらいました」。

 藤原の元恋人役で本格的な演技に初挑戦した三代目 J Soul Brothersのパフォーマー、山下健二郎は「多くのことを学び、成長でき、いろんな経験させてもらいました。役者・山下健二郎を知ってもらえたら」と緊張気味に話していた。



関連写真

  • “崖っぷち女”を演じた藤原紀香 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)トリンドル玲奈、藤原紀香、山下健二郎 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『ある日、アヒルバス』の完成披露試写会に出席したトリンドル玲奈 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『ある日、アヒルバス』の完成披露試写会に出席した(左から)トリンドル玲奈、藤原紀香、山下健二郎 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『ある日、アヒルバス』の完成披露試写会に出席した(左から)トリンドル玲奈、藤原紀香、山下健二郎 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『ある日、アヒルバス』の完成披露試写会に出席した(左から)トリンドル玲奈、藤原紀香、山下健二郎 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『ある日、アヒルバス』の完成披露試写会に出席した(左から)トリンドル玲奈、藤原紀香、山下健二郎 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス