• ホーム
  • 映画
  • 映画『BORUTO』新キャストに小野賢章、浪川大輔ら 入プレは描き下ろし漫画

映画『BORUTO』新キャストに小野賢章、浪川大輔ら 入プレは描き下ろし漫画

 岸本斉史氏原作のアニメ映画『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』(8月7日公開)に登場する新キャラクターの声優が発表され、小野賢章浪川大輔が劇場版シリーズに初参加することがわかった。また、入場者特典として『NARUTO-ナルト- [秘伝・在(ざい)の書]オフィシャルムービーBOOK』が全国200万人限定でプレゼントされることが決定した。

 『オフィシャルムービーBOOK』には、これまでどこにも掲載されていない岸本氏の完全描き下ろし漫画『ナルトが火影になった日』の読み切りが掲載され、『NARUTO-ナルト-』連載中には決して明かされることのなかったマル秘エピソードが明らかになる。『週刊少年ジャンプ』(集英社)に掲載されていない漫画が特典として収録されるのは、ジャンプ史上初。さらに、『NARUTO-ナルト-』最終話700話(2014年11月10日発売の『週刊少年ジャンプ』50号に掲載)がフルカラーで再録される。

 新キャストは、ボルト&サラダと同じ班の忍“ミツキ”役に木島隆一、サイ&いのの息子・山中いのじん役に阿部敦、奈良シカマル&テマリの息子・奈良シカダイ役に小野、ナルト&ヒナタの娘・うずまきヒマワリ役に早見沙織、同作のキーパーソンとなる木ノ葉隠れの里を急襲した謎の男・モモシキ役に浪川、モモシキの従順な部下・キンシキ役に安元洋貴が決定。

 小野は「小学生のころ、兄貴が買ってきた『NARUTO-ナルト-』を夢中になって読んでいたのを思い出します。この歴史のある超大作にまさか自分が参加できるとは夢にも思いませんでした。とても光栄です。今まで『NARUTO-ナルト-』が歩んできた歴史をしっかり感じつつ、全力で作品作りに臨みたいと思います」と、コメント。

 浪川は「新たなNARUTOに参加するというのは、それはそれでかなりのプレッシャーがありました。その反面、光栄なことであり喜びもありました。世界中にファンがいる今作品、期待に応えられるよう微力ながら精一杯演じさせて頂きましたのでどうぞ存分に楽しんでいただければと思います」とメッセージを送っている。

 『週刊少年ジャンプ』に連載された『NARUTO-ナルト-』は、スタートから15周年を迎えた昨年、完結。2002年よりテレビ東京系でアニメが放送され、劇場版も公開されている。昨年12月6日公開の映画『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』は歴代最高の興行収入19.8億円(15年5月31日時点)を突破するヒットを記録した。

 映画『THE LAST』を皮切りに“NARUTO新時代開幕プロジェクト”として、今年3月から『ライブ・スペクタクル NARUTO-ナルト-』の舞台公演、4月からは『連載完結記念 岸本斉史 NARUTO-ナルト-展」も開催。4月27日発売の『週刊少年ジャンプ』22・23合併号より『NARUTO-ナルト-外伝〜七代目火影と緋色(あかいろ)の花(はな)つ月(づき)〜』の短期集中連載を開始。同プロジェクトの集大成として、映画『BORUTO』の公開を控える。

■公式サイト
http://boruto-movie.com/

※記事初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。



オリコントピックス