• ホーム
  • 音楽
  • 福山雅治、10代限定公演に初挑戦 10代のツイートがきっかけ

福山雅治、10代限定公演に初挑戦 10代のツイートがきっかけ

 歌手デビュー25周年を迎えた福山雅治(46)が、8月19・20日の両日、都内のライブハウスZepp Tokyoで自身初となる“10代限定”ライブを行うことが21日、わかった。同日放送されたレギュラーラジオ番組『福山雅治のSUZUKI Talking F.M.』(毎週日曜 後4:00 TOKYO FMほか)で発表された。

 今年2月の『福山☆冬の大感謝祭 其の十四』の公演後、ライブを観た10代のファンが「あんなおじさん、いるんだって思った」「福山おじさん、細すぎてスタイル良すぎてびっくり」「福山雅治って、おっさんなのになんであんなにカッコいいのか。キモチワルイ!」(一部抜粋)といったツイートをしていたのを本人が目にしたことがきっかけに。

 番組には、深夜に行われる年末恒例のカウントダウンライブをはじめ、さまざまな理由でライブに参加できなかった10代のリスナーから、10代限定ライブ開催を熱望する声が番組に多数寄せられたこともあり、開催に踏み切った。

 自身初の10代限定ライブは『夏だ!台場だ!福山だ!Zeppに福山雅治がやってくる!10代限定「真夏の初体験」(仮)』と題し、8月19・20日の両日、中学1年〜19歳までを対象に開催。8月には『福山☆夏の大創業祭2015』と題し、1・2日に大阪・ヤンマースタジアム長居、8・9日に横浜・日産スタジアム、29・30日に地元の長崎・稲佐山公園野外ステージで大規模なライブを行うが、その合間を縫って、10代のためのライブを至近距離のライブハウスで行う。

 昨年末に「男性限定」及び「女性限定」ライブを行った福山は、今回の試みだけでなく、「同世代限定」「自分より先輩限定」など、さまざまな限定ライブを構想中。メインのファン層は30〜40代とあり、人気者の福山にとっても挑戦しがいのあるライブとなりそうだ。



オリコントピックス