• ホーム
  • 芸能
  • 杏出演のWEBムービー 現代版“七夕ストーリー”描く

杏出演のWEBムービー 現代版“七夕ストーリー”描く

 女優のが出演するスパークリング清酒『澪』(宝酒造)のWEB 限定ムービー第2弾が公開された。『澪』のイメージキャラクターである杏が出演する同シリーズは、『澪』と季節ごとの行事を題材にしたもの。今回公開された作品は「七夕」をテーマに、大人のラブストーリーに仕上がっている。

【写真】その他の写真を見る


 杏が演じるのは、デザイン事務所に勤務するOL・田端美織。雨が降る七夕の夜、会社の休憩室で、美織と先輩の木内泰彦(青木崇高)は雨が止むのを待っていた。短冊に書かれた願い事をネタに盛り上がっていた2人だが、泰彦は自分の願い事を隠そうとする。部屋を出て行った隙に、美織は泰彦の短冊を探し当てるが、そこに書いてあったのは「Nちゃんと相思相愛になれますように」という文字。泰彦に密かに思いを寄せる美織は、ある行動に出る……。

 第1弾『「澪」と過ごす七夕』に引き続き監督を務めたのは『世界の中心で、愛を叫ぶ』などの作品で知られる行定勲監督。撮影を終え、「物語としては、気まずさというか、根底に恋愛があって、お互いの思惑がある。彼は自分の気持ちを分かって接しているのか? 彼女は自分の気持ちを分かられたくなくて、そうしているのか? 打算的な部分は恋愛につきもので、そういうむずがゆさ、気恥ずかしさが表現できたかなと思います」と手ごたえを明かす。ワンテイク毎に細かく演技指導することによって、恋する男女の微妙な心理描写を描き、幻想的で情緒溢れる世界観を表現している。

 出演した杏は「笹を燃やすシーンが、迫力があって楽しかったです。一日限りの役ですが、前後を想像させるような自然な動きができたら良いなと思って演じました」と撮影を振り返る。また、今回七夕行事を体験し、「大人になると、七夕に短冊を書く機会は多くないと思います。今回ムービーを通じて、改めて、季節を感じ、願いをこめる素敵なイベントだなと思いました」と、七夕の魅力を再確認した様子。短冊に七夕の願いを書くとしたら“家族旅行に行きたい”と明かし、「海や山へ犬達も一緒に連れていきたいですね」とコメントしている。

 WEB 限定ムービー『「澪」と過ごす七夕』篇は、19日より「澪」公式サイトにて公開。



関連写真

  • WEB ムービー『「澪」と過ごす七夕』篇に出演する杏
  • 降り続く雨を恨めし気に見つめる杏
  • WEB ムービー『「澪」と過ごす七夕』篇に出演する杏と青木崇高
  • 短冊に願いをこめて、笑顔を見せる杏
  • WEB ムービー『「澪」と過ごす七夕』篇に出演する杏と青木崇高
  • WEB ムービー『「澪」と過ごす七夕』篇に出演する杏と青木崇高
  • 七夕の日に天の川を見つめる杏と青木崇高

オリコントピックス