• ホーム
  • 映画
  • 柳楽優弥&瀬戸康史W主演、杉浦日向子原作『合葬』ポスター公開

柳楽優弥&瀬戸康史W主演、杉浦日向子原作『合葬』ポスター公開

 伝説の漫画雑誌『ガロ』に連載され日本漫画家協会賞優秀賞を受賞した故・杉浦日向子さんの傑作『合葬』が実写映画化され、9月26日より公開される。主演はNHK連続テレビ小説『まれ』に出演中の俳優・柳楽優弥と、同大河ドラマ『花燃ゆ』では松陰門下の活動家を演じる瀬戸康史の二人。本作では、幕末、時代に翻弄された「彰義隊」の若く儚い一生涯を、これまでの“時代劇”とは一線を画す、現代の若者にも通じるリアルな青春群像として紡ぎ出す。

 鳥羽・伏見の戦い後、将軍の警護および江戸市中の治安維持を目的として有志により結成された「彰義隊」。高い志をもって結成され、江戸の民衆から慕われながらも、幕府の解体とともに反政府的な立場に追いやられてしまった彰義隊は、「新撰組」や「白虎隊」に比べると、これまであまり語られることがなかった。

 物語は、自らの意思で彰義隊に加わった青年・極(柳楽)と、養子先から追い出され、行くあてもなく赴くままに彰義隊へ入隊した柾之助(瀬戸)、彰義隊の存在に異を唱えながらも友を止めるためやむを得ず入隊した、二人の幼馴染・悌二郎(岡山天音)の時代に翻弄された数奇な運命を描く。

 脚本は、映画『天然コケッコー』や連続テレビ小説『カーネーション』などを手がけた脚本家・渡辺あや氏が担当。映画脚本は4年ぶりとなる。監督は小林達夫。俳優・オダギリジョーや『まれ』でも好演を見せる女優・門脇麦などが共演。



オリコントピックス