• ホーム
  • ビューティ
  • 運動パフォーマンスが向上 スポーツシーンで注目される「シトルリン」とは?

運動パフォーマンスが向上 スポーツシーンで注目される「シトルリン」とは?

 現在、幅広い層を中心に健康志向が高まり、仕事帰りにマラソンをしてから帰路に着くという人も多い今日この頃。現状よりもさらにパフォーマンスを向上したいと思うランナーも多いはず。先ごろ、プレワークアウト研究会が、ランナーを対象に運動前の摂取でパフォーマンスや持久力向上効果に期待できる「シトルリン」についての調査を発表した。

 同調査は、3ヶ月以上のランニング経験のある20 歳以上の男女38 名を対象に実施。アミノ酸の一種である「シトルリン」を15日間毎日摂取し、1回あたり3km 以上のランニングを6日以上(15日間中)実施した際の、疲労感やパフォーマンス等に関する体感をアンケート形式で調査した。この結果、継続的に運動前に「シトルリン」を摂取することで、8 割以上のランナーがランニング時において持久力向上や筋肉疲労の改善効果などを体感。特に「いつもより楽に走れた」という体感に関しては95%に達した。

 「シトルリン」とは、ウリ科の植物に多く含まれるアミノ酸の一種で、運動時など身体に負荷がかった際、特に血液の供給が必要な部位でNO(一酸化窒素)産生の供給源となることにより、血管が拡張して血流を促進する効果があるという。「シトルリン」を多く含む代表的な植物と言えば、スイカやゴーヤなど。スポーツ前に摂取するモノとして、すぐにエネルギーに変化すると言われるバナナが挙げられるが、シトルリンが多分に含まれるスイカなどを事前に摂取することでも持久力向上や筋肉疲労に効果があるようだ。

 今回の調査を発表したプレワークアウト研究会の発起人である、北里大学・薬学部・生薬学教室の小林義典教授は、「走る前にシトルリンを摂取するランニングシーンでのプレワークアウトは、ランナーにとって非常に有効であると考えられます。今後、習慣的にプレワークアウトを取り入れることで、よりランニングのパフォーマンスアップが期待できます」と、その効果について明かしている。

 シトルリンを摂取する手段としては、スイカなどのウリ科の植物をそのまま摂取する以外にも、協和発酵バイオ『シトルリン』がサプリとして手軽に摂取出来る。また、今年の4月に国内初のプレワークアウトドリンクとして発売された『X-ZONE』も注目度が高い。シトルリン、アルギニンが800mgずつ配合されており、炭酸が含まれていないためスポーツやトレーニング前にも気軽に飲むことが可能だ。

 スポーツのパフォーマンスアップのみならず、女性の多くが悩む冷えやむくみの改善に関わる身体の“めぐり”。健康の基盤ともいえるこの“めぐり”を、血流を良くすることで改善する効果が見込めるシトルリンには、今後さらなる注目が高まっていくだろう。



関連写真

  • 「シトルリン」を摂取することで、8割以上のランナーが持続力向上などの改善効果を体感
  • アミノ酸の一種である「シトルリン」
  • 【円グラフ】「シトルリン」を摂取することで、運動パフォーマンスが向上

オリコントピックス