• ホーム
  • 芸能
  • ヒト型ロボ『Pepper』一般販売は今月20日から スペック向上でアルバイト派遣も

ヒト型ロボ『Pepper』一般販売は今月20日から スペック向上でアルバイト派遣も

 ソフトバンクは18日、千葉・舞浜アンフィシアターでヒト型ロボット『Pepper(ペッパー)』に関する会見を開き、6月20日から19万8000円(税別)で一般販売に乗り出すことを孫正義社長が発表した。6月は1000台を販売予定で、孫社長は「早い者勝ち」とアピールした。

 これまでは、人の感情を認識するだけだったが、自らの感情を持つようになり、放置されると憂うつな気分になったり、褒めると明るくなったりするなど、スペックが大幅に向上。また、各家庭ごとに感情が異なり、ニュースや天気など外部情報との関係でも感情が変化するという。

 7月1日よりPepperのアルバイト派遣がスタートすることも発表。時給1500円でティッシュ配りや受付スタッフなどを予定し、まずは10台で展開する。

 会話やアプリなどの基本的な機能を使うには「基本パック」の契約が必要で、月額1万4800円(同)×36ヶ月。故障した際にサポートなどが受けられる「保険パック」は月額9800円(同)×36ヶ月を予定している。

 孫社長は会見で「自らの気持ちで家族を幸せにする、そういう行動を起こすロボット。情報革命の技術で人々に幸せになってもらいたい」と語った。

 Pepperは高さ1210ミリ、奥行425ミリ、幅485ミリ、重さ28キロ。最長12時間以上の連続稼働が可能で、移動速度は最大毎時3キロ、移動可能段差は最大1.5センチ。昨年6月に発表され、今年2月に19万8000円(同)で開発者向けに限定発売されていた。



タグ

オリコントピックス