• ホーム
  • 映画
  • 『進撃の巨人』劇場アニメ後編&実写映画のキャスト陣、監督の対談が実現

『進撃の巨人』劇場アニメ後編&実写映画のキャスト陣、監督の対談が実現

 公開が間近に迫る劇場版アニメ『進撃の巨人 後編〜自由の翼〜』(6月27日公開)と、実写映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』(前篇8月1日、後篇9月19日、連続公開)を記念して、劇場アニメと実写映画のキャスト陣&監督による対談が行われ、23日より発売される講談社の18誌で順次掲載されることが明らかになった。

【写真】その他の写真を見る


  エレン役の三浦春馬(実写)×梶裕貴(アニメ)、ミカサ役の水原希子(実写)×石川由依(アニメ)、アルミン役の本郷奏多(実写)×井上麻里奈(アニメ)、ハンジ役の石原さとみ(実写)×朴ロ美(アニメ)、さらに樋口真嗣監督(実写)×荒木哲郎監督(アニメ)の対談が実現。

 梶と三浦のエレン対談では、「演技の参考にと、テレビアニメ版を何回も観ていました。最初は『参考にするシーンだけ…』と思っていても、面白くて観続けちゃうんですよ」という三浦に、梶は「そういっていただけると、出演者として本当にうれしいです!」と和気あいあい。

 「撮影は相当大変だったんじゃないですか?」と梶が尋ねると、「一番キツかったのは砂ぼこりでしたね。撮影の時は、小さな発泡スチロールや砂を巨大な扇風機のような機械で飛ばしてほこりを表現しているんですが、それが顔にばしばし当たるんです」(三浦)と、撮影の裏側が明かされる。

 三浦は「なぜ声優の道を進もうと思われたんですか?」と梶に興味津々。梶は「小学生の頃は『将来の夢のために頑張る』ことが好きで、3日ごとに夢が変わったりしてました(笑)。その後、『声優という職業は、努力すれば何事も全て自分の力になる』という言葉を知って目指し始めたのがきっかけです」と明かしている。

 梶と三浦のWエレン・スペシャルインタビューは、『週刊少年マガジン』(2015年31号、7月1日発売)、『なかよし』(8月号、7月3日発売)、『月刊少年マガジン』(8月号、7月6日発売)、『別冊少年マガジン』(8月号、7月9日発売)、『FRaU 』(8月号、7月12日発売)に掲載。

▼水原希子×石川由依 Wミカサ
『ViVi』(8月号、6月23日発売)、『デザート』(8月号、6月24日発売)、『月刊アフタヌーン』(2015年8月号、6月25日発売)

▼本郷奏多×井上麻里奈 Wアルミン
『別冊フレンド』(8月号、7月13日発売)、『イブニング』(2015年15号、7月14日発売)、『BE・LOVE』(15号、7月15日発売)

▼石原さとみ×朴?美 Wハンジ
『VOCE』(9月号、7月23日発売)、『Kiss』(9月号、7月25日発売)、『ARIA』(9月号、7月28日発売)、『週刊少年マガジン』(2015年35号、7月29日発売)

▼樋口真嗣(実写映画版・監督)×荒木哲郎監督(劇場アニメ・監督)
『月刊少年シリウス』(9月号、7月26日発売)、『週刊ヤングマガジン』(2015年35号、7月27日発売)、『モーニング』(2015年35号、7月30日発売)

※内容は掲載誌によって一部異なる。



関連写真

  • 『進撃の巨人』実写映画版の三浦春馬(左)とアニメ版の梶裕貴(右)、Wエレンの対談が実現
  • 『進撃の巨人』実写映画版の水原希子(右)とアニメ版の石川由依(左)、Wミカサの対談が実現
  • 劇場版アニメ『進撃の巨人 後編〜自由の翼〜』(6月27日公開)(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
  • 実写映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』(前篇8月1日、後篇9月19日、連続公開)(C)2015 映画「進撃の巨人」製作委員会 (C)諫山創/講談社

オリコントピックス