• ホーム
  • 芸能
  • 田村淳、エコキャップ集め休止報告「1度区切りを」 参加者にはお詫びと感謝

田村淳、エコキャップ集め休止報告「1度区切りを」 参加者にはお詫びと感謝

 お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号田村淳が17日、自身のツイッターを更新。インターネット個人制作番組『淳の休日』で、ポリオ撲滅運動として、ペットボトルのキャップを集める活動をし、代表も務める淳は「協力して頂いた方々には大変申し訳ないのですが…キャップの回収は今後、淳の休日ではしない事に決めました」と休止の報告をした。

 約4年前に外務省とビル・ゲイツ氏に協力を依頼されて、『淳の休日』で動き始めたという同運動。休止の理由については「皆さんの想いをきちんと届けてくれる関係機関が見つからないからです」とし「ペットボトルキャップを届ける為の交通費を寄付した方がマシだ!など色々言われてもきましたが、キャップ回収運動でポリオの事を知る人が増えれば意義があると思いやってきましたが1度区切りをつけさせて下さい」と説明した。

 年に1度のキャップ回収を楽しみにしていた参加者たち向け「毎日毎日コツコツ集めて頂いてた方には本当に申し訳ないです…人の善意を裏切っておきながら、EC(エコキャップ)推進協会の保身にしか聞こえない謝罪文では、残念ながら僕の心は動きませんでした」と伝え「これまで協力して頂いた方々本当にありがとうございました」と感謝の言葉をつづった。

 最後は「ポリオ撲滅の事と、EC推進協会の不手際は切り離して考えて頂いて、それぞれがポリオの事、ポリオワクチンの事を考えてみて下さい」と投げかけ「また、淳の休日を通して楽しい事をみんなでワイワイできる企画を考えますので、その時にはどうか一緒に遊んでやって下さい」とつづっている。

 淳は今年4月にツイッターを通じて、EC推進協会に対し「しっかりとした団体だと信じていたのですがガッカリです…」と思いを明かし、これまで預けた約31万個のペットボトルのキャップの行方については「きちんとコメントをして頂きたいと思います。このまま有耶無耶(うやむや)にさせてはいけない問題だと考えます」と主張していた。



オリコントピックス