• ホーム
  • 映画
  • 『アベンジャーズ』新メンバー、エリザベス・オルセンが初来日

『アベンジャーズ』新メンバー、エリザベス・オルセンが初来日

 アメコミヒーローが大集結する今夏の話題作『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(7月4日公開)。日本公開を目前に控え、新しくアベンジャーズに仲間入りした女性キャラクター、スカーレット・ウィッチを演じ、ファッション界のリーダー・“オルセン姉妹”の妹であるエリザベス・オルセンの初来日が決定した。

 今作は、前作のニューヨークを飛び出し、世界中の都市が舞台となり、新たな敵との戦いが繰り広げられる。アイアンマンとして人類の危機を何度も救ってきたトニー・スタークは、アベンジャーズの限界を恐れ、自分たちの手におえない敵から愛する人を守るため、平和維持システム・人工知能「ウルトロン」を起動させる。しかし、人工知能が選択した“究極の平和”とは、平和を脅かす唯一の存在=“人類の抹消”だった。アベンジャーズは自らが招いた人類滅亡の危機に立ち向かい、再び訪れた決死の戦いに挑んでいく。

 オルセンが演じるのは、アーロン・テイラー=ジョンソン演じるクイックシルバーと“特殊能力を持つ謎の双子”という役どころ。心理操作によって、封印した過去やおぞましい幻覚を見せて精神を混乱させる力でアベンジャーズを窮地に追い込む。

 この双子は、過去のある出来事がきっかけでアイアンマンことトニー・スタークを深く憎んでいるという背景を持ち、彼女らがアベンジャーズの仲間入りしていく過程も見どころだ。

 ジョス・ウェドン監督、プロデューサーでマーベル・スタジオのプレジデントでもあるケヴィン・ファイギ氏も来日が決定し、日本のファンに作品の魅力を伝えるべく、プレミアイベントに出席する予定。



オリコントピックス