• ホーム
  • 芸能
  • 『24時間テレビ』ランナーDAIGO、手袋は「交渉中」

『24時間テレビ』ランナーDAIGO、手袋は「交渉中」

 今夏放送される『24時間テレビ38 愛は地球を救う』(8月22日・23日 日本テレビ系)のチャリティーマラソンランナーの歌手でタレントのDAIGO(37)が16日、同局系『火曜サプライズ』3時間スペシャルで、初練習の模様を公開。トレードマークでもあるグローブ(手袋)について、本番で装着するか否かは「交渉中」と明かした。

 ウエンツ瑛士が初練習に密着したこの日、DAIGOが登場すると「スポーティー。めっちゃスポーティー」と興奮したウエンツ。だが、両手のグローブが無いのに気づくと「わっ、してない」と驚き「しないの?」と質問。DAIGOも「そうなんすっよ。したいんですけど、今、いろいろ交渉中で…」と告白し「きょうは、C(直)S(射)N(日)K(光)もないから(大丈夫)」と“DAI語”で決めた。

 その後、ウエンツも参加し練習スタート。徐々にウエンツも本気を出しパーカーを脱ぎ並走するとDAIGOは「なんか、うれしっすね。背中押されてるって感じ」と笑顔。息が切れはじめたウエンツからの「何キロ走ったの?」との問いかけには「15キロくらいじゃない」と返答。これには、坂本雄次トレーナーも「まだ3.5キロだけど…」とツッコミ笑わせた。

 出走日である8月22日は、交際中の女優・北川景子(28)の誕生日。先月26日に行われた会見でDAIGOは、報道陣から「とってもおめでたい日ですけども」と振られると「そこら辺は言いたいことはすごく伝わってる」といい「僕の中では偶然、重なったということですけど、最高のプレゼントになるんじゃないかなという人もいると思う」と微笑んでいた。



オリコントピックス