• ホーム
  • 芸能
  • 堀江貴文氏、意外な“漫画愛”語る「漫画家の環境つくりをしたい」

堀江貴文氏、意外な“漫画愛”語る「漫画家の環境つくりをしたい」

 実業家、タレントとして幅広く活動するホリエモンこと堀江貴文氏が16日、東京・渋谷で行われた漫画サロン『トリガー』のオープニング記念イベントに出席。周囲からも「意外」と言われるほどの“漫画愛”を報道陣の前で語った。

 書評サイト『マンガ HONZ』の代表を務める堀江氏は「漫画の出版点数も漫画家の数も増えているなか、漫画が探しづらくなって、いい漫画家が埋もれてしまっている」という業界の飽和状態を危惧。

 同サイトの運営に乗り出して「(いい作品を)色んな人に伝えたい」と言葉に力を込めると「そういう作品を漫画家さんが生み出して、収入源を得て、ある程度安定した生活の基板になる作品を出していける環境つくりをしていきたい」と今後の展望を誓った。

 同店は、専属のコンセルジュが約4000タイトル以上の書蔵からユーザーの好みに合わせた一冊を提供する新業態の漫画サロンで、書評サイト『マンガ HONZ』がプロデュースをしている。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 意外な“漫画愛”語った堀江貴文氏(C)ORICON NewS inc.
  • 漫画サロン『トリガー』のオープニング記念イベントの模様(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス