• ホーム
  • 映画
  • 生田斗真、物まね連発で会場沸く「ガンガンやります」

生田斗真、物まね連発で会場沸く「ガンガンやります」

 俳優の生田斗真が16日、都内で映画『予告犯』大ヒット舞台あいさつに出席。同作を鑑賞したという笑福亭鶴瓶から電話があったことを明かした生田は「斗真、めっちゃおもろかったわ。めっちゃ泣いたわ」とクオリティーの高い物まねを披露し、会場を沸かせた。

 その後、同席した俳優・濱田岳が出演するCMキャラクター・金太郎の「一人ひとり…」というせりふの物まねも披露すると「ガンガン(物まねを)やろうと思っています!」と盛り上げた。

 舞台あいさつでは、タロット占い師のさくら氏、手相占いのJUNO(ゆの)氏、水晶占いの登仙氏が登場し、生田と濱田の運勢を占い。最後に登場した登仙氏は、なぜか濱田に対して「右脳と左脳のバランスが崩れている」と頭を揺すって矯正したほか、生田の仕事運を占うはずがなぜか途中から恋愛運を占っているなど、爆笑をとると、生田は「変な舞台あいさつになってすみません」と苦笑していた。

 同作は、筒井哲也氏の漫画を実写化。法では裁けぬ悪や罪をネット上で暴露し、その対象への制裁を予告しては実行する謎の予告犯シンブンシとエリート捜査官の攻防を描くサスペンス。6日の公開初日から11日間で観客動員数が45万人、興行収入は6億円を突破した。



オリコントピックス