• ホーム
  • 芸能
  • 熊切あさ美、愛之助と破局認めず 「別れ話出てない」と涙

熊切あさ美、愛之助と破局認めず 「別れ話出てない」と涙

 歌舞伎俳優・片岡愛之助(43)との破局が報道されたタレントの熊切あさ美(34)が16日、ニコニコ生放送『堀江貴文×熊切あさ美の恋愛対談』に出演。号泣しながらも片岡との破局を否定した。

 司会を務める実業家・タレントの堀江貴文氏から現在の関係を聞かれた熊切は「週刊誌が出てからは、一緒に住んでいない」と現在の同棲を否定。しかし、破局について聞かれると「報道後、二人で話をしていない」と、愛之助と交際について話をしていないことを明言した。

 関係について、熊切が「お任せします」と愛之助に委ねたとの報道もあったが、キッパリと否定。続けて「いくら私でも別れ話が出たらわかる。別れようとか距離を置こうとか、そういう言葉はなかった。交際中にけんかはあったけど、そういう話は一度もなかった」と、別れ話をしていないと語った。

 しかし、現在の愛之助への愛情を聞かれると、週刊誌の報道後に愛之助が『ミヤネ屋』MCの宮根誠司や芸能レポーターの井上公造に連絡し、自分の都合のいい主張をしていたことに対し「私が好きだった彼は守ってくれる人だったけど、報道が出て自分しか守らない人だと思った」と幻滅した心境を吐露。「尊敬する部分がなくなって、愛情がなくなってしまった」と気持ちを明かした。

 さらに、熊切が報道を避けて家に帰らない期間に、愛之助が荷物を全て運び出してしまい、同棲が完全に解消されたことも打ち明けた。

 片岡は6日、大阪で番組収録後のスポーツ新聞の取材に対して「もう終わっています」と明かし、9日の大阪のトークショーでは「死ぬ前に本にしますから読んでください」とジョーク交じりに語っていた。

 片岡の新しい交際相手と報じられた藤原紀香も、きのう出席したイベントで交際の質問が飛んだが、無言を貫いていた。



オリコントピックス