• ホーム
  • 音楽
  • 女子中高生6人組“リトグリ”、NHKでドラマ初出演 芝居・ダンスにも挑戦

女子中高生6人組“リトグリ”、NHKでドラマ初出演 芝居・ダンスにも挑戦

 平均年齢16歳の女子中高生6人組ボーカルユニット、Little Glee Monster(以下、リトグリ)が、8月4日スタートのNHK BSプレミアム連続ドラマ『オンナミチ』(毎週火曜 後11:15 全8話)に出演することがわかった。昨年10月にメジャーデビューしたばかりのリトグリは、自身初出演のドラマで新人アーティスト役を演じる。

 同ドラマは、レコード会社のA&Rとして働く30代の独身女・山口梨花が、「20年後の未来からやってきた自分」であると主張するオバちゃんとともに、悲惨な未来を回避するべく人生の見直しを図るコメディー。主役の梨花役は片瀬那奈、オバちゃん役は渡辺えりが演じる。

 リトグリは、梨花が手がける新人アーティスト「Sugar Girls」として登場。アカペラの歌唱やライブシーンなど、持ち前の歌唱力をいかんなく発揮した。

 NHKコンテンツ事業部の磯チーフプロデューサーは、リトグリを起用した理由について「リトグリの魅力は、何といってもホンモノであるということ。彼女たちは、歌声で人を感動させることができます。そして、可能性に満ちているということ」と説明。

 劇中ではハーモニーだけでなく、芝居やダンスにも挑戦。「前向きにひたむきに取り組んでいく彼女たちの姿は、きっとドラマを通じて多くの視聴者の注目を集めると思います」と太鼓判を押した。

 劇中で歌唱する新曲「書きかけの未来」(発売未定)の詳細は改めて発表される。



関連写真

  • 片瀬那奈演じる主人公が手がける新人アーティスト役でドラマに初出演するLittle Glee Monster
  • 持ち前のハーモニーのみならず芝居、ダンスにも挑戦する
  • 8月4日スタートのNHK BSプレミアム連続ドラマ『オンナミチ』(左から片瀬那奈、渡辺えり)

オリコントピックス