• ホーム
  • 芸能
  • アニメ『ワンピース』夏スペシャル8・22放送 サボとルフィとエースの物語

アニメ『ワンピース』夏スペシャル8・22放送 サボとルフィとエースの物語

 フジテレビ系で放送中の人気アニメ『ワンピース』のスペシャル版、エピソードオブシリーズの新作が今夏、放送される。『ワンピース エピソード オブ サボ〜3兄弟の絆 奇跡の再会と受け継がれる意志〜』(8月22日 後9:00〜11:10)は、主人公ルフィと義兄のエース、そしてサボが海賊になることを夢みながら共に過ごした幼少時代の貴重なエピソードを盛り込んだ物語。原作(コミックス既刊77巻)にもない、サボがドレスローザに潜入した当初の様子やルフィと再会を果たした時の模様がサボ目線で描かれる。

 昨年8月に放送されたアニメ放送15周年特別作品『ワンピース“3D2Y” エースの死を越えて! ルフィ仲間との誓い』のラストカットで、エースと白ひげの墓前にサボが立っている姿が映し出され、ファンの間で話題になったが、そのシーンもサボ目線で再現されるなどファン必見の内容となっている。

 フジテレビ編成部の狩野雄太氏は「ワンピースといえば“仲間との絆”ですが、今回は幼き日に交わした“約束と絆”を描いていく物語です。時が経っても変わらない思いを受け継ぎながら冒険を繰り広げていく彼らの活躍をこの放送を機にご覧いただければ幸いです」とコメント。

 東映アニメーションの櫻田博之氏は「3兄弟の出会い、別れ、そして再会と、彼らのすべてを見ることのできる特別編。ドレスローザに来たサボがルフィと再会するまでの知られざるエピソードも初公開しちゃいます。この夏スペシャルを見れば『ドレスローザ編』を詳しく知ることもでき、テレビシリーズもさらに楽しめること請け合いです」とすすめている。

■あらすじ

 2年の修業を経て、シャボンディ諸島に再集結を果たした麦わらの一味。彼らは魚人島を経て、遂に最後の海、「新世界」へとたどり着く。麦わらの一味はパンクハザード島で偶然再会したトラファルガー・ローの提案で、四皇を倒すための「海賊同盟」を結び、四皇とつながるドフラミンゴを追う。ドフラミンゴが治めるドレスローザに侵入し、ローの指示により行動を開始するが、ルフィは亡き兄エースの“メラメラの実”が賞品で出される大会にルーシーという名で急きょ参戦し、予選を突破する。一方のローはドフラミンゴのわなにかかり、とらわれの身に。その頃、一味は途中で出会ったおもちゃの兵隊から、この国の「闇」を知る。ドフラミンゴの卑劣なやり方に怒りを覚えた一味は小人族と共に自由を取り戻す戦いに参戦することに。コロシアムに出場中のルフィもロー救出のため、試合会場を離れようとするが、そんなルフィの前に死んだと思っていたサボが現れる。



関連写真

  • 『ワンピース エピソード オブ サボ〜3兄弟の絆 奇跡の再会と受け継がれる意志〜』8月22日放送(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
  • 原作の『ONE PIECE』は、最も多く発行された単一作者によるコミックシリーズ「The most copies published for the same comic  book series by a single author」320,866,000冊(2014年12月末現在)として、ギネス世界記録に認定。記念の描きおろしイラスト(C) 尾田栄一郎/集英社

オリコントピックス