• ホーム
  • 芸能
  • 高梨臨、従軍看護婦目指す女学生役「誇りに思う」

高梨臨、従軍看護婦目指す女学生役「誇りに思う」

 女優の松嶋菜々子主演で8月に放送されるTBSテレビ60周年特別企画の2夜連続スペシャルドラマに、女優の高梨臨が出演することが15日、わかった。松嶋演じる天野希代に憧れ、従軍看護婦を目指す女学生・馬渕ハル役で、「終戦70年のドラマに参加することをうれしく思い、とても意味のあることだと感じています」と話している。

 ドラマは、自らの信念で戦時召集状(赤紙)を受け取り、戦地に赴いた「従軍看護婦」の物語。戦争で家族と別れ、人生を翻弄されながらも博愛の精神、家族への愛を貫いた天野希代の生きざまを、満州事変から第二次世界大戦、朝鮮戦争の時代にわたって描く。

 希代の祖父・天野大祐役に山崎努、希代と行動を共にする看護婦の村本多美役に柴本幸、高木志津役に中島ひろ子、希代の母・天野絹江役に浅茅陽子が起用されたほか、帝国軍人・蔵原基介を橋本さとし、希代の義兄・中川光を赤井英和、希代の義姉・中川香織を渡辺真起子が演じる。

 高梨は「脚本を読み、そして時代背景を知っていく中でとても胸が苦しくなりましたが、その中でも希望を捨てない真っすぐな強い意志を感じ、この従軍看護婦という役をいただいたことを誇りに思いました。みなさんによい作品が届けられるように最後まで精一杯取り組みたいと思います」とコメントしている。



関連写真

  • 60周年特別企画の2夜連続スペシャルドラマに出演が決まった高梨臨(中央) (C)TBS
  • 60周年特別企画の2夜連続スペシャルドラマに出演が決まった山崎努 (C)TBS

オリコントピックス