• ホーム
  • 芸能
  • 仲間由紀恵、ひばりさんの声に 追悼番組で心情の“語り”

仲間由紀恵、ひばりさんの声に 追悼番組で心情の“語り”

 女優の仲間由紀恵(35)が、22日放送のTBS系『美空ひばり27回忌追悼 夢と希望の熱唱全記録』(後9:00)で“語り”を担当することがわかった。

 同番組は、今月24日に27回忌を迎える歌手・美空ひばりさん(享年52)を、日本の戦後から復興、成長に重ね合わせて特集。デビューから亡くなるまでの波乱の人生を関係者の証言、秘蔵映像、再現ドラマなどで蘇らせ、大きな影響を受けた人々の貴重な証言も紹介する。

 仲間はナレーターとは一線を画した、ひばりさんの心情を描写する重要シーンの“語り”として登場。ひばりさんは沖縄、広島など戦争の惨禍を体験した土地に思い入れが深く、制作担当者は「沖縄を故郷に持つ仲間さんに、独特の落ち着いたトーンと説得力のある語り口でひばりさんの心情を伝えてもらいたい」と起用理由を明かす。

 仲間は「戦後の日本で苦難に向き合う多くの方を歌で励ました偉大な方。そんなひばりさんの人生を微力ながらお伝えできれば幸いです」とコメントしている。



オリコントピックス