• ホーム
  • 映画
  • 大泉洋“猿似”で声優に起用 細田監督「顔で決めた」

大泉洋“猿似”で声優に起用 細田監督「顔で決めた」

 俳優の大泉洋が15日、細田守監督の最新劇場アニメ『バケモノの子』(7月11日公開)の完成披露会見に出席。同作で“猿のバケモノ”多々良役を演じた大泉は「猿に似ているということで、まず私がキャスティングされた」と自ら明かして、笑わせた。

【写真】その他の写真を見る


 完成したばかりの同作のパンフレットを見て、キャスティング理由を知ったという大泉は「(アフレコ中も)似てるような気がすると不思議だなと思ったら…」と苦笑い。細田監督も「顔で決めました!」とぶっちゃけて、さらに沸かせた。

 ひと足早く鑑賞した大泉は「すごいよかった!」と目を輝かせ、主人公の声優を務めた役所広司に「夜中だけどメールを送っちゃいました」と大興奮。細田監督に向けて「ぜひ、このままのキャスティングで実写化をしましょう」と直談判するなど、終始声を弾ませていた。

 細田監督のオリジナル脚本による同作は、交わることのない2つの世界、人間界【渋谷】とバケモノ界【渋天街】に生きるひとりぼっちの少年・九太とバケモノ・熊徹の物語。ある日、バケモノの世界に迷い込んだ九太は、熊徹と出会い、そこから想像を超えた冒険が始まる。

 会見にはそのほか、役所、宮崎あおい染谷将太広瀬すずリリー・フランキー、斎藤雄一郎プロデューサーが出席した。



関連写真

  • キャスティング理由を自ら明かした大泉洋 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)斎藤雄一郎プロデューサー、細田守監督、広瀬すず、染谷将太、役所広司、宮崎あおい、大泉洋、リリー・フランキー (C)ORICON NewS inc.
  • 劇場アニメ『バケモノの子』の完成披露会見に出席したリリー・フランキー (C)ORICON NewS inc.
  • 劇場アニメ『バケモノの子』の完成披露会見に出席した染谷将太 (C)ORICON NewS inc.
  • 劇場アニメ『バケモノの子』の完成披露会見に出席した役所広司 (C)ORICON NewS inc.
  • 劇場アニメ『バケモノの子』の完成披露会見に出席した宮崎あおい (C)ORICON NewS inc.
  • 劇場アニメ『バケモノの子』の完成披露会見に出席した広瀬すず (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス