• ホーム
  • 音楽
  • KANA-BOON、劇場版『BORUTO』主題歌 原作・岸本斉史氏「また泣いちゃう」

KANA-BOON、劇場版『BORUTO』主題歌 原作・岸本斉史氏「また泣いちゃう」

 ロックバンド・KANA-BOONが、大ヒットコミック『NARUTO-ナルト-』の劇場版最新作『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』(8月7日公開)の主題歌を担当することが決定した。「NARUTO愛では他のどのアーティストにも負けない自信がある」というメンバーは、渾身作「ダイバー」(8月5日発売)を書き下ろした。

 昨年10月期のテレビアニメ『NARUTO-ナルト-疾風伝』のオープニングテーマを担当したKANA-BOONが、1年足らずで『NARUTO』と再びコラボレーションすることになった。原作者の岸本斉史氏が映画シリーズ11本目にして初めて、原作・脚本・キャラクターデザインなど全てを統括する製作総指揮を務める今作は、七代目火影である父・ナルトを全否定する息子・ボルトが、英雄と謳われたナルトの存在を超えるため、父のライバル・サスケに弟子入りし成長していく姿が描かれる。

 同作の主題歌をKANA-BOONに依頼した経緯について岸本氏は「アニメのオープニング曲『シルエット』を聴いて、ものすごい衝撃を受けました。今まで僕が『NARUTO-ナルト-』にぶつけてきた想いが、そのまま一つの曲として表現されていて、感動して涙が出ました。もう、次の映画の主題歌はKANA-BOONさんにお願いするしかないと思い、今回『ダイバー』を書き下ろしていただきました」とベタボレ。「『ダイバー』は多くの人が共感できるであろう、素晴らしい楽曲です。映画のエンディングでこの曲が流れてきたら、僕は絶対にまた泣いちゃいます!」と作品との相性に太鼓判を押した。

 KANA-BOONは「NARUTO愛ではほかのどのアーティストにも負けない自信があるほど大好き」といい、「アニメのオープニング曲として『シルエット』を歌わせていただいたときにも大きな達成感があったので、今回はそのハードルを越えるというひとつの大きな挑戦でした。『ダイバー』というタイトルには、飛び込む、新しいところへ一歩踏み出すという想いを込めています!」と説明する。

 自分たちのことも重ね合わせながら「寂しさや悔しさを乗り越えて、前に一歩踏み出していくボルトの姿をひとつの曲として描いた」というKANA-BOONは「これ以上の曲はもう書けません!」ときっぱり。うずまきボルトは「マグロ(ボーカル谷口鮪)ってば美味しいだけかと思ったら、こんなカッコいい曲も作れるなんてびっくりだぜ! KANA-BOONのみんな、オレの映画のためにこんなカッコいい曲を作ってくれて、本当にサンキューだってばさ!」とメンバーを喜ばせるコメントを寄せた。

 同曲は、KANA-BOONの7枚目のシングルとして8月5日にリリース。バンドのマスコットキャラクター・アサヒレンとその息子が描かれたCDサイズ「ドデ缶バッジ」とCDとがセットになった初回生産限定盤、CDのみの通常盤の2形態で発売される。



関連写真

  • アニメ映画『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』(8月7日公開)の主題歌を担当するKANA-BOON
  • アニメ映画『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』(8月7日公開)メインビジュアル(C)岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ(C)劇場版BORUTO製作委員会 2015
  • TVアニメOP曲に続き劇場版でも『NARUTO』の主題歌を担当

オリコントピックス