• ホーム
  • 芸能
  • ももち、センター脱退に複雑「寂しく悔しい」

ももち、センター脱退に複雑「寂しく悔しい」

 タレントの里田まい(31)がスーパーバイザーを務める6人組アイドルグループ「カントリー・ガールズ」のセンター・島村嬉唄(しまむら・うた、14)が、所属事務所との契約を途中解約する形でグループを脱退したことが12日、わかった。公式サイトで発表された。

 島村は、里田が在籍していた旧カントリー娘。がカントリー・ガールズに改名し、再スタートをした昨年11月に加入。今年3月のデビューシングル「愛おしくってごめんね/恋泥棒」ではセンターを務めた。

 所属事務所は公式サイトで「アイドルグループとして活動を行っていく上での考え方に関し、ご家族と弊社との間に埋めることができない隔たりがあることが明らかになった」とし、「ご家族からは『辞めたい』というお話があった一方で、弊社としましても責任あるマネジメントの範囲を超えていると判断せざるを得ず、今般の途中解約に至った」と説明している。

 この発表を受け、グループのプレイングマネージャーを務める元Berryz工房の“ももち“こと嗣永桃子(23)は自身のブログを更新。「正直、まだ現実が受け止められず寂しく悔しい気持ちでいっぱいです。今の気持ちをなんと言葉に表せばいいのか全然わかりません」と複雑な胸中を吐露した。

 それでも最年長メンバーとして気持ちを立て直し、「うたちゃんとは別々の道に進むことになってしまいますが、ご家族の方と話し合いたくさん悩んで考えて出した答えだと思うので、これからのうたちゃんを応援していきたいと思います」とエールを送るとともに「これから5人で活動していくカントリー・ガールズを里田まいさんと共に精一杯頑張って引っ張っていきたいと思います」と決意を新たにした。



オリコントピックス