• ホーム
  • 芸能
  • カントリー・ガールズ島村嬉唄が脱退 家族と事務所に「隔たり」

カントリー・ガールズ島村嬉唄が脱退 家族と事務所に「隔たり」

 6人組アイドルグループ、カントリー・ガールズの島村嬉唄(14)がグループを脱退したことが12日、公式サイトで発表された。所属事務所は「ご家族と弊社との間に埋めることができない隔たりがあることが明らかになってまいりました」とし、契約が途中解約となったことを明らかにした。

 島村は、旧カントリー娘。がカントリー・ガールズに改名し、スタートを切った昨年11月にグループに加入。今年3月にはメジャーデビューも果たしたが、事務所によるとその後、家族と今後について協議を重ねる中で、グループ活動に関して「埋めることができない隔たり」が明らかになったという。

 事務所は「この間、ご家族からは『辞めたい』というお話があった一方で、弊社としましても責任あるマネジメントの範囲を超えていると判断せざるを得ず、今般の途中解約に至った」と説明。

 「残されたメンバーは、この現実を受けとめ、これまで以上に頑張っていこうという思いを強くしています。ファンのみなさまには、ご心配をおかけすることになり、たいへん申し訳ございませんが、これからのカントリー・ガールズによりいっそうのお力添えをいただきますようお願い致します」とコメントしている。



オリコントピックス