• ホーム
  • 映画
  • 北原里英、総選挙で“中堅”の意地「まだまだやれるぞ!」

北原里英、総選挙で“中堅”の意地「まだまだやれるぞ!」

 今年10月に新潟に発足するNGT48のキャプテンを務める北原里英が12日、都内で行われた『AKB ShortShorts』プロジェクトの製作発表会見に出席。先日の『第7回AKB48選抜総選挙』で自身最高の11位にランクインした北原は「中堅、まだまだやれるぞ!」と改めて喜びを爆発させた。

 今回の総選挙では、同期のHKT48指原莉乃が首位に返り咲き、北原も3年ぶりの選抜復帰。「前回、指原がセンターだったときに私が選抜に入れなくて、悔しかった」と本音を漏らしつつも、「自分が指原センターの曲で一緒に踊れるのはうれしい」とほほ笑んだ。

 この日の会見では、AKB48グループがアジア最大級の国際短編映画祭『ショートショートフィルムフェスティバル&アジア』と初コラボレーションすることを発表。『9つの窓』と題して、1作10分の物語を9つ制作し、AKBグループのメンバーがそれぞれ主演を務める。来年開催の同映画祭と連動し、全国で順次公開予定。

 「短い分、よさが凝縮されているところが魅力。展開が早いので飽きずに観てもらえると思う」とショートフィルムの魅力を語った北原は、主演作でコールセンターに務める女性社員を演じる。「未来から電話がかかって、SFチックな話になっているけど、最後はまさかの展開になってます!」とアピールした。

 この日発表された4作品は、北原主演の『お電話ありがとうございます』(名倉愛監督)、AKB48・茂木忍主演の『赤い糸』(曽根剛監督)、AKB48・中西智代梨主演の『さおり』(広瀬陽監督)、SNH48、SKE48宮澤佐江主演の『回想電車』(比呂啓監督)。残り5作品の詳細は9月9日に発表される。



関連写真

  • 自身最高の11位ランクインに喜びを爆発させた北原里英 (C)ORICON NewS inc.
  • 『AKB ShortShorts』プロジェクトの製作発表会見に出席した北原里英 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス