サラリーマンの90%以上が“疲労”を感じている

 本格的な夏の到来をひしひしと感じる今日この頃。炎天下の中で働くサラリーマンにとって体調管理は必要不可欠だが、完璧に行っていると断言できる男性は少ないだろう。ORICON STYLEでは、20代〜40代の“働く男”600人を対象に『日頃の疲れに関する実態調査』を実施。すると、90%以上の男性が“疲労”を感じているという結果となった。

【写真】その他の写真を見る


 今回の調査では、まず『あなたは日頃、疲れを感じることがありますか?』という質問を投げかけたところ、【とても感じている】が44.2%、【やや感じている】が46.7%と、実に90.9%が疲労を感じているという驚きの結果に。対して、【感じていない】と答えた人はわずか9.1%に留まった。世代別でも、ほぼ均一で疲れを感じているようで、疲労は必ずしも“若さで乗り切れる!”というものでもないようだ。

 具体的な“疲労”の詳細としては、『あなたはどんなときに疲れを実感しますか?』という問いに、【ダルさや倦怠感が生じたとき】が67.2%、次いで【日中、眠気がとれないとき】が50.6%となり、【朝なかなか起きられないとき】(49.5%)、【肩こり・腰が痛むとき】(45.9%)などが続いた。やはり、日ごろから営業回り等での忙しない移動や一日中パソコンとにらめっこという実情は、肉体的な疲労を蓄積し、ダルさや眠気、肩こりなどの症状として表面化するようだ。 

 そんな肉体的な疲労を解消する手段として欠かせないのが、栄養ドリンクやエナジードリンクの存在。勤務中に疲れを感じ、すぐにエネルギーをチャージしたいときに、働く男性たちにとっては無くてはならないアイテムとなっている。だが、多くのサラリーマンは、栄養ドリンクとエナジードリンクに違いがあるということを知らないようだ。

 栄養ドリンクは“医薬品”または“指定医薬部外品”で、エナジードリンクは“清涼飲料水”だという認知度はまだまだ低く、今回の調査でも「栄養ドリンクとエナジードリンクの違いを知っていますか?」というアンケートを実施したところ、【知っている】と回答した人は17.5%に留まり、【なんとなく知っている】が47.8%と最も多かった。

 上記の結果を振り返ると、症状やシチュエーションに応じて栄養ドリンクとエナジードリンクを、しっかりと“飲み分ける”ことが大事だということが理解できるはず。カフェインや糖分を強い炭酸で流し込むエナジードリンクは、体をリフレッシュしたいときや爽快感を味わいたいときには最適。だが、肉体疲労時の栄養補給や滋養強壮に効果をもたらすのは栄養ドリンクなのだ。

 栄養ドリンクの主成分について摂南大学の薬学部・学科長を務める太田壮一先生に話を聞くと、「多くの栄養ドリンクには、エナジードリンクには含まれていない、タウリン、フルスルチアミン(ビタミンB1誘導体)、グルクロノラクトンなどの成分が含まれていることが分かります」と語る。さらに「フルスルチアミンは、ビタミンB1誘導体といって、いわゆる「親油性を高めた」ビタミンB1ということができます。エネルギー産生に重要な働きをするビタミンB1ですが、一度に多くの量を摂取しても吸収量に限界があり、通常の食事では不足しやすいといわれています。フルスルチアミンは、その点を改善し、親油性を高めることで腸管から吸収されやすくなっているため、一般のビタミンB1より、身体全体の神経や筋肉に行きわたり、疲れに効果を発揮します」とその効果を明かしてくれた。
 
 ぐっすり寝たはずなのに疲れが残って朝起きるのがツライ…、毎日の通勤などで体がだるく集中力が持続しない…など、サラリーマンと“疲労感”の関係性は、切っても切れない“お得意様”のようなもの。だが、自身の起きている症状をしっかりと把握、改善することで良好な関係を維持できるはずだ。



関連写真

  • 『日頃の疲れに関する実態調査』を実施。90%以上の男性が“疲労”を感じているという結果に
  • 【意識調査】サラリーマンに聞く!「日常で疲れを感じてる?」

オリコントピックス