• ホーム
  • 音楽
  • 広島無料ガイドブック第2号、表紙は奥田民生

広島無料ガイドブック第2号、表紙は奥田民生

 広島出身シンガー・ソングライターの奥田民生が、昨年話題になった同県のガイドブック『泣ける!広島県』に続く第2号『カンパイ!広島県』で表紙を飾っていることが10日、明らかになった。同日、都内で行われた記者発表会見に出席した湯崎英彦知事は「このガイドブックを通じて多くの方が広島を訪れ、多彩な魅力を発見してもらえれば」と呼びかけた。

 広島県はこの日、「カンパイ!広島県 〜見んさい!食べんさい!飲みんさい!〜」と題した観光プロモーションを開始。スローガンの「カンパイ!広島県」には、風景よし、味よし、人情よしの広島の魅力に“酔いしれて”ほしい、との思いを込めた。

 ガイドブック『カンパイ!広島県』は、巻頭グラビアとして民生のインタビューを掲載するほか、グルメ、絶景、酒、温泉など計467件の情報を伝える。昨年の『泣ける!広島県』は同県出身の女性ユニット・Perfumeを表紙に起用し、数日間で5万部が品切れになるなど話題を集めていた。

 会見にビデオ出演した民生は「広島県に興味のある方が増えてくれたらいいなと思っていますが、どうなることでしょうね。よろしくお願いします」とコメントを寄せた。

 『カンパイ!広島県』は16日より、東京、大阪、福岡の美容室やカフェ、コンビニなどの施設で配布開始。WEB受付や先行配布も行う。



オリコントピックス