• ホーム
  • 音楽
  • 丸本莉子、国内初のハイレゾ配信デビュー ファン5000人に喜びの報告

丸本莉子、国内初のハイレゾ配信デビュー ファン5000人に喜びの報告

 ビクターエンタテインメントの新レーベル「AndRec」第1号アーティストのシンガー・ソングライター丸本莉子が10日、ハイレゾ配信シングル「ココロ予報」でメジャーデビューした。

 地元・広島を中心に活動してきた丸本は、先週末にインディーズ時代からのファン5000人を集めたクローズドイベントを行い、「ずっと夢だったメジャーデビューが決定しました!」と自ら発表。「ずっと大切に歌ってきた『ココロ予報』をリアレンジしてレコーディングし、しかも、国内初となるハイレゾ配信でデビューします」と報告すると、どよめきと共に大歓声が上がった。

 特徴的な声質、生々しく感情的なブレス、独特な歌詞の世界観を限りなくリアルに伝える方法として、CDの約3倍の情報量ともいわれ、CDでは再生できない空気感と臨場感を表現することができるハイレゾ音源を採用。ピアノやストリングスを中心とした楽器演奏、ボーカルを新たにレコーディングし、きょうハイレゾ配信デビューを果たした。

 7月8日には同曲を通常音源で配信。8月19日に2nd配信シングル「やさしいうた」、9月16日に1st CDミニアルバム『ココロ予報〜雨のち晴れ〜』の発売を予定している。

■丸本莉子「ココロ予報」リリックビデオ
http://youtu.be/JqkGx5zVoEY



関連写真

  • 国内初のハイレゾ配信デビューを果たした広島出身の丸本莉子
  • インディーズ時代からのファン5000人にメジャーデビューを発表

オリコントピックス