• ホーム
  • 芸能
  • まこと、自転車での怪我を明かす「山道で転倒して」

まこと、自転車での怪我を明かす「山道で転倒して」

 シャ乱Qのドラマー・まことと妻でフリーアナウンサーの富永美樹が10日、「自転車ヘルメット委員会」発足記者会見に出席し、自転車乗車時のへルメット着用を呼びかけた。

【写真】その他の写真を見る


 夫妻は10年程前から自転車に乗り出し、まことは「自転車用のコースでハメを外して、山道で転倒してしまって、ヘルメットのおかげで、かすり傷程度で済んだ」と苦い実体験を交えながら実用性を訴えた。富永も「車道を走ると本当にヒヤヒヤする。ヘルメットはお守り」と夫婦そろってヘルメット着用を呼びかけた。

 女性向けのファッショナブルなヘルメットを着用して登場した富永は「女性はヘルメットに抵抗があると思うが、ファッションの一部になりえるようなものをある」とアピールし、「大切な人がいるのであれば、ヘルメットを付けてほしいと言う」と語っていた。

 同委員会は、自転車利用時のヘルメット着用に取り組む啓発団体として発足し、ヘルメットをかぶる人を増やすアイデアコンテストの実施、啓発冊子の路上配布などを行っていく。

 会見にはそのほか、発足メンバーで元総務大臣の増田寛也氏、テレビプロデューサーの疋田智氏が出席した。



関連写真

  • 自転車乗車時のへルメット着用を呼びかけた(左から)富永美樹、まこと夫妻(C)ORICON NewS inc.
  • ヘルメットを着用して自転車を運転したまこと(C)ORICON NewS inc.
  • 「自転車ヘルメット委員会」発足記者会見に出席したシャ乱Qのまこと(C)ORICON NewS inc.
  • 「自転車ヘルメット委員会」発足記者会見に出席した富永美樹(C)ORICON NewS inc.
  • 「自転車ヘルメット委員会」発足記者会見に出席した(左から)富永美樹、まこと夫妻(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス