• ホーム
  • 芸能
  • 松井秀喜氏、人生初の「リアル野球BAN」に苦戦? 「難しかった」

松井秀喜氏、人生初の「リアル野球BAN」に苦戦? 「難しかった」

 米MLB・ヤンキースや日本の巨人で活躍した元プロ野球選手・松井秀喜氏が、テレビ朝日系『とんねるずのスポーツ王は俺だ!! 2015 夏の決戦スペシャル』(7月5日 後9:00)の「リアル野球BAN 対決」に初参戦することが9日、わかった。「引退後にこういうバラエティー系の番組に出るのはたぶん初めて」という松井氏。とんねるずの石橋貴明とは面識があり、「再会できてうれしかった」。ところが、「リアル野球BANは観たことがない」といい、「投げる投手の映像に合わせてボールが出てくるバッティングマシンで打ったことがなかった」と初挑戦に燃えた。

【写真】その他の写真を見る


 「観たことがない」というリアクションに石橋はびっくり。「なんで出演OK してくれたのか、謎でした」と笑いながら首をかしげたが、「とにかく今回のみどころは、ついにゴジラ登場!というところで。ジャジャジャン、ジャジャジャン…とあのテーマ曲付きでPR をお願いします」と大はしゃぎだった。

 同番組はとんねるずの二人が、国内外のスーパースターと独自ルールで真剣勝負を繰り広げるスポーツバラエティー。2000年から毎年正月に、12年からは正月と夏の年2回放送されている。

 今回、収録が行われた埼玉・西武プリンスドームは、松井氏が2002年に巨人軍の一員として最後の試合を行った場所であり、西武ライオンズとの日本シリーズに4連勝し、日本一に輝いた場所でもある。「やはり特別な球場ですね」と感慨深い表情を見せていた。

 松井氏は、広澤克実氏、アレックス・ラミレス氏とかつて巨人軍の四番を張ったスラッガーと「チームゴジラ」を結成。02年当時と同じデザインの巨人軍ユニフォームで登場する。

 対する石橋率いる「チーム帝京」は、ゴルゴ松本(TIM)、元帝京高校、夏の甲子園優勝投手で「野球BAN 対決」で6割7分3厘という高打率を残す吉岡雄二氏、さらに中日や楽天で本塁打王に輝いた山崎武司氏を迎え、5連勝を目指した。

 松井氏は「なかなか打てないですね。球種も豊富でしたし。言い訳ですけど(笑)。思っていたよりもかなり難しかった」と初めての野球BANに苦戦したが、「打席に入ると、やっぱり打ち返そう!という気持ちになっちゃいますね。特に最後の場面は結構、力が入りました」と試合は白熱。

 チームゴジラが持ち前のパワーを見せつけるのか? リアル野球BANの戦いを知り尽くしたチーム帝京が強力打線を封じ込めるのか? 好ゲームが観られそうだ。



関連写真

  • 7月5日放送『とんねるずのスポーツ王は俺だ!! 2015 夏の決戦スペシャル』に松井秀喜氏が巨人軍のユニフォームで歴代「四番」を率いて初参戦(C)テレビ朝日
  • チーム帝京とチームゴジラが激突(C)テレビ朝日
  • 現役時代を彷彿させるスウィングを連続写真で(C)テレビ朝日
  • 7月5日放送『とんねるずのスポーツ王は俺だ!! 2015 夏の決戦スペシャル』に松井秀喜氏が巨人軍のユニフォームで歴代「四番」を率いて初参戦(C)テレビ朝日
  • 7月5日放送『とんねるずのスポーツ王は俺だ!! 2015 夏の決戦スペシャル』に松井秀喜氏が巨人軍のユニフォームで歴代「四番」を率いて初参戦(C)テレビ朝日
  • 7月5日放送『とんねるずのスポーツ王は俺だ!! 2015 夏の決戦スペシャル』に松井秀喜氏が巨人軍のユニフォームで歴代「四番」を率いて初参戦(C)テレビ朝日
  • 7月5日放送『とんねるずのスポーツ王は俺だ!! 2015 夏の決戦スペシャル』に松井秀喜氏が巨人軍のユニフォームで歴代「四番」を率いて初参戦(C)テレビ朝日
  • 7月5日放送『とんねるずのスポーツ王は俺だ!! 2015 夏の決戦スペシャル』に松井秀喜氏が巨人軍のユニフォームで歴代「四番」を率いて初参戦(C)テレビ朝日
  • 7月5日放送『とんねるずのスポーツ王は俺だ!! 2015 夏の決戦スペシャル』に松井秀喜氏が巨人軍のユニフォームで歴代「四番」を率いて初参戦(C)テレビ朝日
  • 7月5日放送『とんねるずのスポーツ王は俺だ!! 2015 夏の決戦スペシャル』に松井秀喜氏が巨人軍のユニフォームで歴代「四番」を率いて初参戦(C)テレビ朝日
  • 7月5日放送『とんねるずのスポーツ王は俺だ!! 2015 夏の決戦スペシャル』に松井秀喜氏が巨人軍のユニフォームで歴代「四番」を率いて初参戦(C)テレビ朝日

オリコントピックス