• ホーム
  • 映画
  • 宮沢りえ&杉咲花が親子役 映画で初共演「燃え尽きたい」

宮沢りえ&杉咲花が親子役 映画で初共演「燃え尽きたい」

 女優の宮沢りえ(42)と杉咲花(17)が映画『湯を沸かすほどの熱い愛』(2016年秋公開)で初共演し、母娘役を演じることが9日、わかった。同作は、自主製作映画『チチを撮りに』がベルリン国際映画祭など国内外で絶賛された中野量太監督の商業用長編デビュー作。宮沢は「中野監督の想いのこもった脚本に私の心も沸かされました。そして、素敵な共演者の方々と、この作品に携われる喜びをガソリンにし、タイトルに負けないくらい燃え尽きたいと思います」と意気込んでいる。

 同作で宮沢が演じるのは、会う人すべてを包みこむ、でっかい母性の持ち主・双葉。ある日突然、余命宣告を受けた彼女には、絶対にやっておくべきことが4つあった。失踪した夫を連れ帰り、休業していた家業の銭湯を再開させること、気が優しすぎる娘を独り立ちさせること、娘をある人に合わせること、そして4つ目は、家族も知らない双葉だけの秘密だった。

 双葉に愛され、弱い自分に立ち向かい、病に侵された母を今度は強く支えていく娘・安澄を演じる杉咲は「脚本を読みながら、“おかあちゃん”のせりふがどんどん、りえさんの声として身体に響いてきました。素敵なおかあちゃんの娘になることができて、光栄に思います」と共演を喜んでいる。

 メガホンをとる中野監督は「いつか宮沢さんと一緒に映画を作りたいと思っていました。熱い愛と深い哀しみを背負った双葉役を、宮沢さんがどう演じるのか?…想像出来る様で出来ないんです。それはきっと想像してもその想像を超えてしまうだろうと思っているから。宮沢さん演じる双葉を一番見たいのは、僕です」とオファーした理由を熱弁し、「オリジナル脚本で映画を撮れることに、喜びと責任を感じています」とコメントを寄せている。



オリコントピックス