• ホーム
  • 芸能
  • 『第6回お笑いハーベスト大賞』本選会出場21組決定

『第6回お笑いハーベスト大賞』本選会出場21組決定

 漫才、コント、ピン芸とジャンルを問わず次世代のお笑いスターを発掘する『第6回お笑いハーベスト大賞』(日本音楽事業者協会主催)が7月11日、東京・新宿明治安田生命ホールで開催される。このほど、その予選を勝ち抜いた若手芸人21組が発表された。

 各プロダクションから選抜された芸人が熱いネタバトルを繰り広げ、3回の予選会を経て精鋭21組が本選会出場を決めた。本選会では、まず審査員の審査による準決勝で決勝進出する5組を選出。決勝は5組が再びネタを披露し、審査員と一般観覧者約100人によって優勝者を決定する。

 司会は徳光正行と末広響子、審査委員長を片岡鶴太郎が務めるほか、木村祐一マギー五味一男元祖爆笑王らが審査員として参加。ゲストに前回優勝者のルシファー吉岡を招く。

■本選会出場21組
うしろシティ、ギフト☆矢野、サンシャイン池崎、ザンゼンジ、シャイニングスターズ、湘南デストラーデ、新宿カウボーイ、スーパーニュウニュウ、だーりんず、ダブルブッキングトップリードとにかく明るい安村、ドリーマーズ、トンツカタン、ピーマンズスタンダード、ピスタチオ、マツモトクラブ、メイプル超合金、モグライダー、やさしい雨、や団(50音順)



関連写真

  • 『お笑いハーベスト大賞』が今年も開催(写真は昨年の模様)
  • 第6回『お笑いハーベスト大賞』で審査委員長を務める片岡鶴太郎
  • 第6回『お笑いハーベスト大賞』で審査委員を務めるマギー

オリコントピックス