• ホーム
  • 音楽
  • 【第7回AKB総選挙】“次期総監督”横山由依10位に涙 自己最高位で選抜入り

【第7回AKB総選挙】“次期総監督”横山由依10位に涙 自己最高位で選抜入り

■『第7回AKB48選抜総選挙』開票(6月6日、福岡 ヤフオク!ドーム)
 AKB48チームAで次期総監督の横山由依(22)が、6万3414票で10位となり、4年連続で選抜入りした。AKB48の9期生として加入した横山は、第2回は圏外、第3回は19位、第4回は15位、第5回・第6回は13位で、今回、自己最高位となった。

 総選挙のアピールコメントVTRでは「今年の総選挙は私にとって大切なものになると思います」「総監督になるまでの総選挙としてはこれがラスト」と気合を入れて臨んだ横山。順位が発表されると、瞳をうるませた。



速報で20位だったとき、いつも選抜に入れてもらって、次期監督に指名してもらっているのに本当に情けなく思った。どうしようって思っていたときに「ゆいはん、私が入れるから」って川栄李奈ちゃんが連絡入れてくれて、入山杏奈ちゃんも連絡くれて、私は支えてくれる仲間がいるんだなって。

そして、握手会でファンの人が「まだ僕入れてないよ」って言ってくれたり、総選挙がこんなに人に支えてられているんだなと感じられるイベントなんだと思った。10位ですよね? 本当は次期総監督不安で、でも総監督だったり、ん〜わかんないな…。どうしよう…。

あー。なんか、本当に私一人じゃ何にもできないけど横をみたら大好きなメンバーがいっぱいいて…。6万票って、本当に信じられなくって、本当に本当にありがとうございます。

今までは先輩たちが見せてくれていた景色を、これからは自分たちの世代が見に行けるように、あとは後輩に素晴らしい景色を見せてあげてAKB48がこの先5、10年、100年くらい続く大きなグループになるといいなと思っている。力をあわせて頑張っていきたい。1人じゃ何もできないけど、みんなと一緒だとこの景色を見続けられるのかなと思う。



関連写真

  • 10位にランクインしたAKB48の横山由依(C)AKS
  • 自己最高位で選抜入りしたAKB48の横山由依(C)AKS

オリコントピックス