• ホーム
  • 音楽
  • 『AKB48総選挙』名シーンランキング、前田敦子の歴史的名言が1位に

『AKB48総選挙』名シーンランキング、前田敦子の歴史的名言が1位に

 『第7回AKB48選抜総選挙』の開票イベントが6月6日に行われる。速報1位の指原莉乃がそのまま突っ走るか、昨年1位の渡辺麻友が巻き返し、史上初のV2を達成するのか……。結果が気になるのはもちろんだが、総選挙では毎回、メンバーが感情のまま発した名言が生まれるのも見どころのひとつ。ORICON STYLEでは、過去の総選挙での「印象に残る名シーン」についてアンケート調査を実施した。

◆1位は当時19歳の前田敦子が放った歴史的名言

 多くのドラマが生まれた『AKB48選抜総選挙』で印象に残ったシーンについて、ORICON STYLEでは10代〜50代の男女を対象にアンケート調査を実施。その結果、第3回で1位になった前田敦子が泣き叫ぶように訴えた「私のことは嫌いでも、AKBは嫌いにならないでください!」が、最も「印象に残る名シーン」に選ばれた。総選挙は1〜3回まで前田と大島優子がトップを争い、第1回は前田、第2回は大島が制した。第3回では前田が返り咲き、この言葉が発せられた。印象に残っている理由は「キンタロー。がマネしてたから」(福岡県/30代/女性)とのコメントがかなり多い。ネタにされるほどインパクトが強かったわけだが、ファン投票で1位に選ばれながら「私のことは嫌いでも」とは妙にも感じられた。

 大スターにアンチは付きもの。当時のAKB48は総選挙の投票カード封入の「Everyday,カチューシャ」が初週売り上げ133万枚と当時歴代記録を更新。開票会場は日本武道館になり、1〜40位の総得票数も前年の実に7倍の108万票と、国民的人気が爆発していたところ。その分、センターに立つ19歳の前田に対する誹謗や重圧が大きくのしかかっていたのだろう。「苦悩やプライドなど、様々な感情を想像し胸を打たれました」(神奈川県/30代/女性)、「常に矢面に立たされてきた苦しみが伝わる言葉だった」(福岡県/30代/男性)といった受け止め方もされている。

 対する大島優子は3位〜5位の“名シーン”を独占。3位は第2回で“絶対エース”の前田を破り1位となったときの「もう背中を押してくださいとは言いません。ついてきてください」との宣言。全てに高いスキルを持ちながら常にNo.2でいた彼女が、初めてセンターを勝ち獲った瞬間だった。「涙ながらに堂々と話す姿に感動した」(茨城県/10代/女性)、「自分に自信がなきゃ言えない」(静岡県/40代/女性)などと好感が多く寄せられている。

 4位は前田が不参加の第4回で1位を奪還したときの「この景色をもう一度見たかった」。前年2位に落ちた際は、笑顔で前田の健闘を称え抱き合っていたが、翌年公開のドキュメンタリー映画にはバックステージで号泣する姿があった。「見事な復活で、まぶしくキラキラと見えた」(兵庫県/50代/女性)という感慨深い返り咲きだった。

 そして、5位は翌年の第5回から。連覇ならず2位となったが、1位は「この人だけには負けなくない」と明言していた指原莉乃。「お腹を抱えて笑ってしまう総選挙は初めてです」と語った通り、例年のシリアスさとは違う空気の結末で、「同じ気持ちで笑ってしまった」(愛知県/40代/男性)などとかつてない印象を残した。初センターをつかんだ指原の「絶対にAKB48は壊しません!」との意気込みは8位に入っている。

◆「潰すつもりで来てください」篠田麻里子の後輩への檄が2位に

 前田と大島の2強の間隙で2位に入ったのは、第4回の篠田麻里子。後輩メンバーに向けた「潰すつもりで来てください」との檄だ。前田が卒業を発表。初期からAKB48を支えてきた“神7”も渡辺麻友以外は20歳を越えて、世代交代が謳われていたなか、最年長の彼女から飛び出た発言。「後輩に席を譲れという方もいるかもしれません。でも、譲らないと上がれないメンバーはAKBでは勝てない」との言葉に続けたものだった。「カッコ良すぎる。麻理子様の男前ぶりにびっくりした」(埼玉県/30代/女性)といった声が多数。

 ちなみに、この第4回の篠田の順位は5位。煽られたように、4位の指原が「麻里子様の言葉を聞いて、私は絶対に弱音を吐かないと決めました」、3位の柏木由紀が「先輩に遠慮したり周りに気を使う自分を逆に申し訳なく思います」と返していたのが印象的だった。

 翌年の篠田の卒業宣言も7位に入っている。総選挙スピーチでの卒業発表は初めて。この年も5位と人気は健在ながら、前年の自らの発言を受けて「後輩が頑張っているのが嬉しい。その姿を見て決断しました」と声を詰まらせた。「衝撃だった」(兵庫県/30代/男性)、「本当に驚いた」(東京都/10代/女性)とサプライズ度は一番。

 その後もメンバーの卒業は相次ぎ、総監督の高橋みなみ(AKB48)も今年が最後の総選挙。松井珠理奈SKE48兼AKB48)、山本彩NMB48兼AKB48)と地方グループのエースが1位獲りを掲げ、宮脇咲良HKT48兼AKB48)ら新鋭にも期待が寄せられる。松井玲奈(SKE48)、小嶋陽菜(AKB48)ら人気メンバーが参加を辞退しているなか、今年は混沌とした過渡期ならではの名シーンが生まれそうだ。

(文:斉藤貴志)



オリコントピックス