• ホーム
  • 芸能
  • 『亜人』劇場アニメ化! 死なない人類描くサスペンスを3部作で

『亜人』劇場アニメ化! 死なない人類描くサスペンスを3部作で

 累計発行部数が320万部を超える桜井画門氏による漫画『亜人(あじん)』が劇場アニメ化されることが4日、わかった。総監督はテレビアニメ『シドニアの騎士』の副監督だった瀬下寛之氏、監督は映画『鉄コン筋クリート』(2006年)の演出を務めた安藤裕章氏が務める。全3部作で製作される。

 同作は決して死なない新種の人類「亜人」と判明した男子高校生・永井圭を主人公に、全人類から追われる亜人と、彼らを研究対象としか見ていない日本国政府の抗争を描くSFサスペンス。

 2012年7月より『good!アフタヌーン』(講談社)で連載がスタート。13年に発売された単行本1巻が大反響となり、書店では「巨人の次は亜人」といったキャッチで店頭展開もされており、『進撃の巨人』(作:諫山創)に続く作品として注目を集めていた。

 監督以外のアニメスタッフも明らかになり、脚本は『進撃の巨人』などの瀬古浩司氏、音楽は『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』『PSYCHO-PASS サイコパス』など多彩な作品を手がける菅野祐悟氏が務める。アニメーション制作は『シドニアの騎士』などを手がけたポリゴン・ピクチュアズ。

 また、YouTubeなどで特報第1弾が公開された。気になる公開時期やキャストは今後明らかになる。

■公式サイト
http://www.ajin.net/

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 劇場アニメ『亜人』ティザ―ビジュアル  (C)桜井画門・講談社/亜人管理委員会
  • 劇場版は3部作 キャストは後日明らかに   (C)桜井画門・講談社/亜人管理委員会

オリコントピックス