• ホーム
  • 芸能
  • 春日部市出身のザキヤマ、39歳で幼稚園児役 しんのすけと「ブリブリ〜」

春日部市出身のザキヤマ、39歳で幼稚園児役 しんのすけと「ブリブリ〜」

 お笑い芸人の“ザキヤマ”ことアンタッチャブル・山崎弘也が、テレビ朝日系アニメ『クレヨンしんちゃん』(毎週金曜 後7:30)にゲスト出演することが3日、わかった。同アニメがカスカベ=埼玉県春日部市を舞台にしていることはよく知られているが、ザキヤマも春日部市出身。「ずっと、オファーを待っていた」という山崎は、無事アフレコを終えると「春日部に住んでいる親も、たいそう喜ぶんじゃないかな。よい親孝行になったと思います」と喜びをかみしめていた。

【写真】その他の写真を見る


 山崎は、12日放送の「ザキヤマさんが来〜る〜だゾ」に登場。山崎のために作られた特別なエピソードで、山崎は謎の幼稚園児・ザキヤマさんを演じる。しんのすけたちが通う“ふたば幼稚園”に突然現れ、しんのすけと意気投合、カスカベ防衛隊に旋風を巻き起こす役どころ。しんのすけのお尻を「よっ! お尻の中のお尻!」とほめちぎったり、ネネちゃんに「今度リアルおままごとに呼んでくださいよ〜」とこびを売ったり、超テキトーなトークでカスカベ防衛隊の皆にとけこんでいく。

 唯一、カスカベ防衛隊リーダーの座を狙う風間くんだけはザキヤマさんに対抗意識を燃やすが、そんな風間くんの苛立ちをあおるかのごとく、ザキヤマさんは「からの〜?」のギャグで翻弄。また、アニメではザキヤマさんがしんのすけのギャグ“ケツだけ星人”=お尻ブリブリをパクって、“アゴブリブリ”を披露する。

 「しんちゃんとはノリが合うというか、シンパシーを感じる。39歳にして幼稚園児役を演じても、何の違和感もなかった」とアピールした山崎。アニメになった自身の姿を見て「こんなに大胆にアゴを割って描いていただけるとは思っていなかった。クオリティーが高い」と驚きの声をあげ「アゴが割れていなかったら、しんちゃんとのブリブリコラボもできなかった。親に感謝、アゴに感謝です」と大満足な様子だった。



関連写真

  • アンタッチャブル・山崎弘也がしんちゃんと“お尻合い”。6月12日放送『クレヨンしんちゃん』「ザキヤマさんが来〜る〜だゾ」にゲスト出演(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK
  • しんのすけと熱い共演を果たすザキヤマくん(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK
  • しんのすけとがっつりギャグで渡り合うノリノリの演技にスタジオは爆笑の連続(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK
  • アンタッチャブル・山崎弘也が月12日放送『クレヨンしんちゃん』「ザキヤマさんが来〜る〜だゾ」にゲスト出演(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK

オリコントピックス