• ホーム
  • 芸能
  • 井上真央、『花燃ゆ』後半戦は女性多くて「楽しい」

井上真央、『花燃ゆ』後半戦は女性多くて「楽しい」

 NHK・大河ドラマ『花燃ゆ』(毎週日曜 後8:00〜 総合)のドラマ特別展の開会式が3日、東京・江戸東京博物館で行われ、主演の女優・井上真央が出席した。

【写真】その他の写真を見る


 井上は、自身が演じる文が奥御殿で女中を務める美和(久坂文)役の撮影に入ったといい、これまで多くの男性に囲まれた現場から、女性だらけの現場になり「女性ならではの話ができて楽しい」と笑顔。さらに「まるで違う作品を作っているみたい」と声を弾ませると、現場が「すごく華やか」と喜んでいた。

 同展では、文や吉田松陰のゆかりの品々を一堂に集め、幕末維新期を生きた長州藩の貴重な歴史資料を展示。井上は「日本のために命をかけた人と家族が本当にいて、私も改めて“命がけ”で(ドラマに)挑もうと思った」と後半戦への意気込みを語った。

 『花燃ゆ』ドラマ特別展は、あす4日から7月20日まで開催。



関連写真

  • 『花燃ゆ』後半戦は女性が多くて「楽しい」と笑顔で語った井上真央 (C)ORICON NewS inc.
  • 大河ドラマ『花燃ゆ』ドラマ特別展の開会式に出席した井上真央 (C)ORICON NewS inc.
  • 大河ドラマ『花燃ゆ』ドラマ特別展の開会式に出席した井上真央 (C)ORICON NewS inc.
  • 大河ドラマ『花燃ゆ』ドラマ特別展の開会式に出席した井上真央 (C)ORICON NewS inc.
  • 大河ドラマ『花燃ゆ』ドラマ特別展の開会式に出席した井上真央 (C)ORICON NewS inc.
  • 大河ドラマ『花燃ゆ』ドラマ特別展の開会式に出席した井上真央 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス