眞鍋かをり、“一人旅”の魅力を熱弁

 タレントの眞鍋かをり(35)が1日、都内で行われたオンライン総合トラベルサービス『DeNAトラベル』大感謝祭に出席した。自身の経験を綴った書籍も出版するほど、大の“一人旅”好きで知られる眞鍋。30歳からハマり、今ではスケジュールに空きがあればすぐに弾丸旅行の計画をたてているといい「ひとりの方がダラダラしないから、友達とだと3ヶ所しかいけないところでも、ひとりなら5、6ヶ所行ける。予定が詰め込めるから弾丸でも満足できる」と魅力を熱弁した。

【写真】その他の写真を見る


 さらにチーズプロフェッショナルの資格を持つ眞鍋は「海外に行くとチーズ屋さんに行くのが楽しすぎて、ひとりで行くと同じ店に3回くらい行く。友達とだったら、申し訳なくていけないので、ひとりなら好きなだけいける!」と独自の楽しみ方を明かした。

 一方で寂しい時は、ネットの掲示板で同じ日程で旅をしている人を探して食事をとるといい「最初が肝心。テレビで知っててくれる方だとひかれるので、前のめりでいくと仲良くなれて、あって30分位で深い話したり…」と明かし、周囲を驚かせた。

 イベントでは、世界遺産を巡りながらスケッチとCGで描く現代画家の松田光一氏が同席し、前日5月31日に誕生日を迎えたばかりの眞鍋のため、眞鍋が一番好きという世界遺産・アンコール遺跡のアートをプレゼント。眞鍋は「こんなにカラフルでかわいいとは。素敵ですね!」と感激していた。



関連写真

  • 眞鍋かをり(C)ORICON NewS inc.
  • 『DeNAトラベル』大感謝祭の模様(C)ORICON NewS inc.
  • 『DeNAトラベル』大感謝祭に出席した(左から)松田光一氏、眞鍋かをり、でーなさん(C)ORICON NewS inc.
  • 『DeNAトラベル』大感謝祭に出席した眞鍋かをり(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス