• ホーム
  • 芸能
  • 池上彰氏、日曜夕方に新しい“解説ショー”番組スタート

池上彰氏、日曜夕方に新しい“解説ショー”番組スタート

 ジャーナリスト・池上彰氏の新しい解説番組『日曜夕方の池上ワールド』がテレビ東京系でスタートする。きょう31日午後4時から第1回「総理の決断!〜戦後ニッポンの外交史〜」を放送。アメリカ、ロシア、中国との戦後70年の外交史の中で、“総理大臣の決断”が果たしてきた役割、今にどうつながっているかを池上氏が解説する。

 池上氏は「日曜日の夕方、明日からまた仕事や学校という人が多いと思います。そこで『嫌だな』と思うか、『頑張ろう』と思うか、これは人さまざまだと思います。さて今回、ちょっと前向きな気持ちを持っている人のために番組を作ってみました。あなたを『歴史と本の世界』にお招きいたします。もう一度、いろいろなことを深く知って、明日のために役立ててみませんか」と視聴を呼びかけている。

 日本時間4月30日未明に初めて実現した日本の総理大臣による米上下院議会での演説、また総理主導による安保法制の戦後最大の大改変。2015年は、日本史の中でも「総理の決断」が今までになく大きな意味を持つ時機かもしれない。そんな時代の大きな変革の中で、日本の立ち位置を見誤らないために、池上氏が解説ショーを行う。

 第1回は、戦後、日本と世界の最初の仲直りともいわれる1951年のサンフランシスコ講和条約、1956年の日ソ国交回復、1972年日中国交正常化など日本と欧米、ソ連、中国との戦後外交の歴史を当時の「総理の決断」に視点を置いて取り上げる。また、歴代の日本の総理と各国の首脳会談を徹底分析。池上氏ならではの視点で、映像や写真に収められたスタイルや、仕草、笑顔の度合いなどから首脳たちがアピールしたかったこと、会談の裏に隠された思いなどを解説する。

 全6回放送予定(毎週ではない)。池上氏、テレビ東京の相内優香アナウンサー、第1回はゲストとして宮崎美子、パックン、小島瑠璃子が出演。



関連写真

  • 池上彰氏の新しい“解説”番組が5月31日スタート。左は相内優香アナウンサー(C)テレビ東京
  • (左から)パックン、宮崎美子、池上彰、相内優香アナ、小島瑠璃子

オリコントピックス