• ホーム
  • スポーツ
  • 前園真聖氏、来年のひな祭りまでに“結婚”宣言 釜本氏と約束

前園真聖氏、来年のひな祭りまでに“結婚”宣言 釜本氏と約束

 元サッカー日本代表で解説者の前園真聖氏が、テレビ朝日系深夜番組『タカアンドトシの道路バラエティー!? バスドラ』(毎週月曜 深0:15〜0:45※一部地域を除く)の6月1日放送回にゲスト出演。その収録で、交際中の女性と「3月3日までに、しっかり身を固めて…」と結婚宣言していたことがわかった。正確には、サプライズゲストの日本サッカー協会顧問の釜本邦茂氏に「結婚の話はどうなったんや? いつ結婚すんねん」とひとにらみされ、かわしきれずに“期限付き入籍”を約束させられた模様。バラエティー受けするネタがまた一つ増えた。

【写真】その他の写真を見る


 お笑いコンビ・タカアンドトシが路線バスの中でゲスト相手にトークを繰り広げる同番組。「むりやり同窓CAR」という企画に出演する前園氏は、タカと一緒に「同窓会系統、前園真聖伝説を知る人物前行き」と名付けられた特別バスに乗って都内を走行。Jリーグ時代に、共に闘ってきたサッカー仲間が、当時の前園のマル秘エピソードを明かすべく次々と乗車してくる。

 かつて、サッカー男子五輪代表(U-23)のキャプテンとしてブラジル代表を撃破し、“マイアミの奇跡”として今なお語り継がれる歴史的勝利の中心にいた前園氏。現在は、当時のド派手な伝説や飲酒トラブルなどを包み隠さず自らの口で語る姿が好感を呼び、バラエティー界で引っ張りだこの活躍を見せている。すでにさまざまな過去を自白している前園氏は、余裕の表情で収録をスタートさせた。

 ところが、最初の停留所が三宿であると知ると、表情が一変。「ダメじゃないですかね…」と急に不安な表情を浮かべる。予感的中。乗り込んできたのは、元横浜フリューゲルスの選手で現在はサッカー解説者の渡邉一平氏。前園を入団当時から知る兄貴分が、前園が思わず虚空を見つめる現役時代の仰天エピソードを次々と暴露する。その後も同期や後輩が登場し、現役時代の昼と夜の伝説の数々が語られる。

 そして、最終停留所で待ち構えていたのが釜本氏だった。その姿を遠目に発見した前園氏が「ダメダメ、ヤバイ、1回通り過ぎましょう」と顔面蒼白でディレクターに訴えたほど、いまだに立っているだけで相手にプレッシャーを与えられるサッカー界のレジェンド。1968年のメキシコ五輪で銅メダルを獲得した時のエースストライカーで、今も破られていない(男性の)日本代表最多得点記録を誇る。現在、日本サッカー協会顧問を務める釜本氏は、最近の前園氏に不満を抱いているらしく、開口一番厳しい言葉が飛び出し、前園氏もタジタジ。その延長線上で“結婚の話”が飛び出したのだった。

 来年のひな祭りまでに“結婚”というゴールを決めることができるのか。経過を見守りたい。



関連写真

  • サッカー界のレジェンド・釜本邦茂氏(左)にタジタジの前園真聖氏(右)。思わず来年3月3日までに結婚宣言!?(C)テレビ朝日
  • サッカー界のレジェンド・釜本邦茂氏。6月1日深夜放送のテレビ朝日系『バスドラ』に出演(C)テレビ朝日
  • 破天荒な過去をさらけ出すことで人気上昇中の前園真聖氏。6月1日深夜放送のテレビ朝日系『バスドラ』に出演(C)テレビ朝日

オリコントピックス