• ホーム
  • 芸能
  • 『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』今秋TVアニメ化

『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』今秋TVアニメ化

 スマホ小説サイト「E☆エブリスタ」主催の『電子書籍大賞2012』でミステリー部門優秀賞を受賞した、太田紫織氏の『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(KADOKAWA角川文庫)が、テレビアニメ化され、今秋より放送される。

 舞台は北海道・旭川。この街には、「櫻子さん」が住んでいる。櫻子さんは、美人で名家・九条家のお嬢様。実は、3度の飯より「美しい骨を愛でるが好き」という変わった嗜好を持っている。とあるきっかけで櫻子と知り合った平凡な高校生・館脇正太郎は、気づけば骨にまつわる事件に巻き込まれ、櫻子の推理に付き合うことになる。原作は現時点で7巻まで発売されている。

 スタッフは、監督に加藤誠氏、副監督に別所誠人、シリーズ構成に伊神貴世氏、キャラクター原案は鉄雄氏、キャラクターデザイン・総作画監督にサトウミチオ氏の名が挙がっており、「新進気鋭スタッフでテレビアニメ化する」としている。アニメーション制作は、『アルドノア・ゼロ』のTROYCAが手がける。

■アニメ公式サイト
http://sakurakosan.jp/



タグ

オリコントピックス