• ホーム
  • 映画
  • 沢尻エリカ、綾野剛にイジられ“イメチェン”舞台あいさつ

沢尻エリカ、綾野剛にイジられ“イメチェン”舞台あいさつ

 女優・沢尻エリカが30日、東京・TOHOシネマズ新宿で行われた映画『新宿スワン』初日舞台あいさつに出席した。主人公でスカウトマン・白鳥龍彦役の俳優・綾野剛は、風俗嬢のアゲハを演じた沢尻について「エリカ様じゃないですよ。この10年間で一番かわいい沢尻エリカがみられる。それこそ“エリカちゃん”」と絶賛。司会が「10年間、たぶんいろいろあったんですね」と指摘すると、綾野も「いろいろあったかもしれないですね」と悪乗りし、イジられまくった沢尻は照れ笑いを浮かべていた。

【写真】その他の写真を見る


 かつて、映画の舞台あいさつ時の不機嫌ぶりから「エリカ様」と揶揄(やゆ)された沢尻だが、それも昔のこと。司会から脚本の鈴木おさむ氏に「沢尻さんの魅力は?」と質問が飛ぶと、沢尻が「私の魅力ですか!?そんな…」と勘違いする天然ぶりを見せ、共演者から総ツッコミされていた。綾野からも「エリカちゃん欲しがるね〜」と冷やかされ、手で口を押さえて「ごめんなさい…!」と恥ずかしそうに顔を隠していた。

 劇中では街なかを素足で綾野とともに走るシーンを撮影した沢尻だが「痛さは気にならなかった。テストもなにもなく本番走ったんですけど、綾野くんと前からくるおじさんをくぐったり面白かった」と余裕をみせる場面も。園監督は「この映画にかける迫力を感じられて。それに飲まれるように裸足で撮影したが、とくに何かを言うわけでもなく走りだした」と感心していた。

 このほか、山田孝之金子ノブアキ深水元基山田優伊勢谷友介園子温監督、山本又一郎プロデューサーが登壇。舞台あいさつ前には、5月30日“ご・み・ぜろの日”にちなみ、ボランティア団体など一般の参加者に映画オリジナルゴミ袋を配布し、劇場前のシネシティ広場でゴミ拾いを実施。綾野と園監督がお礼に駆けつけた。



関連写真

  • 映画『新宿スワン』初日舞台あいさつに登壇した(左から)綾野剛、山田孝之、沢尻エリカ(C)ORICON NewS inc.
  • 映画『新宿スワン』初日舞台あいさつの模様(C)ORICON NewS inc.
  • 5月30日“ご・み・ぜろの日”にちなんでTOHOシネマズ新宿前の広場でゴミ拾いを敢行 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『新宿スワン』初日舞台あいさつに登壇した沢尻エリカ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス