三味線漫才の暁照雄さんが死去 78歳

 三味線漫才コンビ、暁照雄・光雄の照雄さん(あかつき てるお/本名 浜田登志夫)が29日午前4時32分、下咽頭がんのため大阪市内の病院で死去した。78歳だった。所属事務所がFAXを通じて発表した。

 照雄さんは、昭和25年6月、浪曲の二代目東洋軒雷右衛門に入門し、東洋軒雷坊の芸名で初舞台を踏む。昭和34年4月、神戸松竹座でリーダーの宮川左近、松島一夫、高島和夫とともに「宮川左近ショウ」を結成し、昭和47年第7回上方漫才大賞を受賞。昭和61年の解散後の翌年に弟子の光夫とコンビを結成。平成20年文化庁芸術祭賞大衆演芸部門大賞を受賞。平成25年「暁照雄・光雄」に改名した。

 葬儀は、故人の意思により近親者のみで執り行われる。



タグ

オリコントピックス